Windows95、98、MeでのInfoSnowダイヤルアップIP接続設定

<最初の設定>

  1. "ダイヤルアップネットワーク"を開きます
    デスクトップ上からマイコンピュータをダブルクリックすると以下のようなウィンドウが開きます。



    「ダイヤルアップネットワーク」のアイコンはありますか?
    もしなければWindowsのCDから「ダイヤルアップネットワーク」を追加します。

    もし、「ダイヤルアップネットワーク」がなかったら・・・
    「コントロールパネル」から「アプリケーションの追加と削除」をダブルクリックします。



    次に図のように「Windowsファイル」タブを選びます。



    ファイルの種類(C):の「通信」をダブルクリックしてください。
    「ダイヤルアップネットワーク」にチェックを入れて[OK]ボタンをクリックします。
    上図の画面に戻りますので、[OK]ボタンをクリックします。
    あとは画面の指示に従ってダイヤルアップネットワークをインストールしてください。

  2. 新しい接続を作成します。
    ダイヤルアップネットワークにInfoSnowへの設定を追加します。



    「新しい接続」をダブルクリックするとInfoSnowへのダイヤルアップ設定が始まります。


  3. 名前を設定します。



    「接続名(T):」
    はお客様が分かりやすい名前をつけてください。
    ここでは、「InfoSnowへ接続」とします。

    「モデムの選択(D):」にはお客様がお使いのモデムまたはターミナルアダプタ(TA)が表示されているはずです。
    正しく表示されていない場合は、モデムまたはTAのマニュアルを参照し設定を行ってください。
    [設定]をクリックし次に進みます。

  4. モデム/TAを設定します。
    お使いのモデム、TAまたは回線によって設定が異なる場合があります。ここではモデムの設定例をご紹介します。



    速度14,400bpsのモデム(VoiceView)を使用した場合の例です。
    最高速度はモデムの速度は14,400bpsです。14400以上を設定しますので、「19200」となります。
     28800bpsの場合 38400
     INS64(64kbps同期)の場合 115200
     とするのが一般的です。
    詳しくはモデム/TAのマニュアルをご参照下さい。
    ※56kbpsはK56flex規格に対応(1998/8/20)
    ※V.90もほとんどのアクセスポイントで対応済です。
    設定しましたら[OK]をクリックします。

  5. 次へ進みます。



    上図の画面に戻りましたら[次へ]をクリックします。

  6. アクセスポイントを設定します。



    接続先アクセスポイントの電話番号を設定します。
    アクセスポイントの番号はこちらをご覧下さい(会員専用ページです)。
    設定しましたら[次へ]をクリックします。

  7. ダイヤルアップネットワーク名の確認を確認します。
    作成されたダイヤルアップネットワークの名前を確認し、[完了]をクリックします。




  8. 新しいアイコンを設定します。
    ダイヤルアップネットワークのウィンドウに新しい接続のアイコンが作成されました。



    新しくできた”InfoSnowへ接続”アイコンをクリックすると反転表示されます。
    そのまま「ファイル(F)」から「プロパティ(R)」を選択します。


  9. サーバの種類を設定します。
    「サーバの種類」タブをクリックします。



    Windows95、98、Meではそれぞれ画面が違いますので図を参考に設定します。

    サーバの種類、詳細オプション、使用できるネットワークプロトコルについて設定を行います。 その後、使用できるネットワークプロトコル欄の[TCP/IPの設定(P)...]をクリックします。

    Windows95の場合
    Windows98の場合

    ※「スクリプト処理」、「マルチリンク」は設定は必要ありません。

    WindowsMeの場合
     「ネットワーク」、「セキュリティ」について設定します。



    ※「ドメイン名(M):」は空欄のままで構いません。


  10. TCP/IPを設定します。



    「サーバが割り当てたIPアドレス(S)」をチェックし、「ネームサーバアドレスを指定する(M)」についてプライマリDNS、セカンダリDNSを図のように設定します。
    「IPヘッダー圧縮を使う(C)」、「リモートネットワークでデフォルトゲートウェイを使う(G)」にチェックを入れ[OK]ボタンをクリックします。

  11. ダイヤルアップネットワークの設定を終了します。



    [OK]ボタンをクリックします。これで設定が終わりました。

<接続の確認>

  1. ダイヤルアップネットワークを起動します。



    ”InfoSnowへ接続” アイコンをダブルクリックします。

  2. ユーザ名、パスワードを入力します。



    ユーザ名には「接続アカウント」、パスワードには「接続パスワード」を入力します。

    ※半角文字で入力します(日本語入力モードでは入力しないで下さい)。
    ※英語の小文字、大文字を区別して入力します。
    ※パスワードは保護のため入力すると「*」で表示されます。


    ここで設定されている電話番号にダイヤルします。アクセスポイントの番号が正しく入力されているか確認してください。

    「接続ボタン」をクリックすると接続が始まります。

  3. 接続を確認します。










    これで接続が成功しました。

    接続のウィンドウがアイコン化され、タスクバーに表示されている場合もありますのでご注意下さい。