HOME > 幌加内高校について > 教育目標・経営シラバス

平成29年度学校教育目標

学校教育目標
   (知)自ら考え行動する人間を育てる
   (徳)礼儀正しい人間を育てる
   (情)心豊かな人間を育てる
   (体)健康でたくましい人間を育てる

重点目標
   (1)一人ひとりの学習・キャリア段階に応じた指導の展開
   (2)主体的・対話的な「深い学び」の推進と適切な観点別評価
   (3)六次産業教育をとおした農業・キャリア教育の充実
   (4)自己管理能力・危機回避能力の向上と豊かな心の育成
   (5)教職員の資質向上及び協働体制の確立

経営方針
   (1)学ぶ姿勢の定着と基礎基本の確保、学力の向上を図るとともに、地域の特色を
      生かした魅力ある教育課程を編成・実践する
   (2)地域や関係機関、上級学校と積極的な関わりを持ち、本校教育の質の向上を
      図るとともに、これからの社会で生きる力を育成する
   (3)農業の社会的役割を理解し、実践的学習をとおして、地域産業の振興に
      貢献できる人財を育成する
   (4)生徒理解と関係機関連携に基づく生徒一人ひとりの困り感に応じた支援教育
      を実践する
   (5)自主自律の精神並びに健やかな身体を育成するため、寮教育と連動し、
      健康・安全教育を実践する

教育課程編成の方針
   (1)地域や生徒の実態に即した弾力的な教育課程の編成、実践に努める
   (2)基礎基本の定着と、一人ひとりの学習・キャリア段階に応じた教育を推進する
   (3)教育課程の編成、実践について計画的な評価と改善を行う
   (4)学校設定科目「そば」をとおし、地域理解の深化と地域に貢献できる力を育成する
   (5)総合的な学習をとおして主体的に行動できる力を育成する




基礎学力の向上と思考力・判断力・表現力の育成のために
@ICT教育の推進と寮教育との連携等により、個の課題に応じた学びの充実を図る
A主体的・対話的な「深い学び」を推進、観点別評価による指導と評価の一体化を図る
B土曜授業を活用し、外部教育力の活用と地域の特色を生かした学習の充実を図る



基本的な生活習慣の確立と倫理観・公共心、優しい心の醸成のために
@日常の気づきや教職員共通理解の下での指導をとおし、個々の支援の充実を図る
A教育相談や支援体制の構築等を図り、事故の未然防止、早期発見・対応に努める
B農生会活動等を充実させ自ら考え行動する姿勢や自己存在感、有用感等の醸成を図る



人生設計能力・社会人基礎力の育成のために
@多様な職場体験や1年次からの体系的な進路指導の実現を図る
A企業や関係機関等との連携を深め、社会と学校双方向の実践的な指導を展開する
Bアグリマイスター制度の活用を図り取得資格の励行及び生徒の主体的活動を促進する





自己管理能力の育成と環境保全・安全意識の向上のために
@生徒一人ひとりの状況に応じた指導をとおし他者と共生する心と態度の育成に努める
A寮教育や専門教育と連動し、効果的な食育と環境教育の展開を図る
Bケースメソッドによるグループワーク等を活用し、健康・安全に対する意識の向上を図る





農業・産業教育をとおした産業人の育成のために
@フードシステムの構築と外部教育力の導入を促進し、専門的知識・技術の深化を図る
A6次産業教育の展開による生徒主体の商店会経営をとおし社会人基礎力の育成を図る
B食と環境を意識したプロジェクト学習を地域発信し町の活性化と社会貢献活動を推進する




集団生活をとおし自主自律の精神の伸長のために
@規則的な生活習慣の確立と食生活の改善を図り、自主・自律の態度を育成する
A自主的活動をとおし、コミュニケーション能力の育成とお互いを尊重し合う人間関係の
 構築を図る
B寮学習時間の効果的活用により、個の課題に応じた学びの充実を図る


平成29年度学校経営シラバス

*クリックするとPDFファイルが開きます