HOME > 「そば」を学ぶ > 日本一のそば産地「幌加内」

日本一のそば産地「幌加内」

より良いものを、より多く。
このこだわりが日本一を支える。

写真 1970年(昭和45年)、米の生産調整政策が長期化していく中で、幌加内町の基幹産業である農業は米からそば栽培へと転作されました。これは、幌加内町の冷涼な気候、昼夜の寒暖差、そして夜の冷え込みと日中の温度差を和らげる朝霧の発生等々の自然条件がそば栽培に適していたことと2〜3ヶ月の短い生育期間で収穫できることからでした。
 以来、栽培技術の向上に努め、そばの作付け面積は増加を続け、1980年(昭和55年)には、作付け面積が日本一となり、現在では、作付け面積2,700ha、生産量は2,390トン以上で、そばの作付け面積、生産量ともに日本一の生産地となっています。
 (幌加内町ホームページより引用)

詳しくは幌加内町ホームページをご覧ください。(外部サイトへリンクします)