ちょっとだけジェラシー

1年生の我がクラスでモテモテの女の子Yちゃん。何せ本人が言うんだから間違いない。いや、実際にモテモテ街道驀進中のようだ。

ある日の放課後、私はハンカチの落とし物を発見した。

「ねえ、これ誰のか知らない?」たまたま近くにいた男子に聞いてみた。

すると、「あ、それ、ジュ・・・・のだ!」

・・・の部分がよく聞き取れなかった私が「え?誰のだって?」と聞き返すと、

「それね、ジュリエットのだよ。」ごく普通の顔で答えられた。

「ジュリエットって??」

「あのね、僕たちYちゃんのことをジュリエットって呼んでるんだよ。」

思わず大笑いしてしまったが、その子は何事もなかったように教室を後にして行った。それにしても、どこからジュリエットなんて言う単語を引っ張り出してきたことやら・・・。

さて、気になるのは、ロミオのこと。私が睨んだ所、多分それはK君に間違いないでしょうね〜。なんか、ちょっとだけジェラシーな私であった・・・。

勉強熱心!!

理科の授業で、「電気を通すもの、通さないもの調べ」をした。みんな思い思いに調べている。

「センセーー!机の脚は通すよ!」「センセー!トイレの便器は通さないよ!」

さて、そろそろ実験を終了しようか、と思った時、教室の後ろの方から声がした。

「ふぇんふぇ〜〜い。ついた〜〜〜ついた〜〜〜。」

振り替えると一人の子どもが口からまめ電球を垂らしてもう一人がその口の中に手を突っ込んでいる。な・なんだぁ??

手を突っ込んでる方の子が叫んだ。

「センセー!K君の銀歯も電気を通すよーー!!」

それを聞いたクラス中のみんなが一斉に友達の口の中を覗き込んだのは言うまでもない。それからしばらくうちのクラスは、口からまめ電球を垂らした不気味な集団になったのだった…。

サンタって…その 1 (97/12/29UP)

終業式の朝(12月25日)、クラスの女の子が二人血相変えて飛んできた。サンタさんがいるいないでクラスの男子ともめているらしい。

子ども「先生!サンタさんがいるっていう証拠だってあるよ!」

Teacherちづこ「えっ!何?」

子ども「サンタさんに、『ご苦労様でした、紅茶を飲んで下さい』って、書いて置いておいたら、朝、ちゃんと飲んであったもん!!」

「ほう」と言った私に満足した子どもたちは、鼻をふくらませて教室に行ってしまった。理科の先生であるTeacherちづこは、ちょっと複雑な気持ちなのであった…。

サンタって…その 2 (97/12/29up)

教室に行ってみるとジャイアンのような“ガキ大将K君”

「オレのうちは母さんがプレゼントくれるぞー!サンタさんがいるなんて、バーカだーー!!」と騒いでいた。

いたずら心を出した私は「Kにはサンタさんが来ないからって、お母さんが不憫に思ってプレゼントくれたんじゃないのーー??」と、言ってみた。詰まるK君。するとクラスの秀才、M君がひとこと。

「ぼくはいい子なのに、お母さんからプレゼントをもらったけど、それはどうしてですか?」

むむっ・・(・・;)おぬし、やるな…・。

真剣なんだよね… (97/12/09UP)

朝いきなりクラスの女の子が血相変えてやってきた。昨日の帰り、クラスの男子H君(かなり太め)が、4年生に悪口を言われたらしい。

子ども「『デブ!!』って言うから、『H君だって、好きでこんなにデブになったんじゃないしょや!』って、言い返してやったよ。」

Teacherちづこ「うぷぷ…。それって追い討ちかけてるんじゃ…?」

子ども「やーー!!なんで笑うの!」

Teacherちづこは子どもたちにすごく怒られてしまった。でも、子どもって、真剣でかわいいわーー。ホント。

正三角形といえば?? (97/12/1up)

本日の算数(三角形)のテスト。「正三角形のものを見つけなさい」という問題が出た。その問題に対するA君の解答「体操選手のからだ。」…フム、確かにいい体の体操選手は逆三角形だ・…。A君が○をもらったのは言うまでもない…。

そりゃ、はやってるけど… (97/11/29up)

国語の教材で「理由を考えて」という作文の勉強がある。今はやっているもの(ヨーヨーとかポケモンとか)が、なぜはやってるのかを考えて、わかりやすく作文に書くというものである。

Teacherちづこ「じゃあ、みんなは何をかきたい?」

子ども1「ハイパーヨーヨーについて書きます。」

子ども2「ポケモンについて書きます。」

子ども3「せんせー、自分でやってないけどはやってるってのはだめ?」

Teacherちづこ「えっ?例えば何さ。」

こども3「なんかさー、テレビでやってるんだけど、失楽園って、すっごくはやってるんだって。書いてもいいですか?」

Teacherちづこ「……!!そ、それはやめて、自分でやってるものにしたら?」

子ども3「そうだね。そうするわー。」

子どもたちは何事もなく書き始めた。。。。それにしても、私が「いいよ。」と言ったら、一体どんな理由を考えて書いてくれたのだろう??ちょっと興味があるTeacherちづこだった。

あなたは何ポケモン? (97/11/25up)

今札幌ではポケモンが大人気。今も「ポケモン言えるかな」の大合唱が始まっている。歌の合間に子どもがぽつんと言った。「先生、カビゴンにそっくり…」ちなみにカビゴンとは寝てばっかりいる熊みたいなでっか〜いポケモン。うっ、たしかに似てる (-_-;) 帰ってからだんなに言っても「うまい事言うなあ、なまらそっくりだべや(すごく似ているな)」と笑われてしまった。ポケモンの資料がある方はぜひご覧を。。。。。Teacherちづこって、そんなやつです。

ポケモン言えるかな大会って? (97/11/24up)

昨日Teacherちづこのクラスで、「ポケモン言えるかな大会」が行われた。もちろん子どもが言い出した企画だ。Teacherちづこの知らないところでどんどん企画は進み、とうとう大会当日。それにしても、何じゃ?その大会は??何と、グループごとに「ポケモン言えるかな」の歌を歌っていき、間違えず歌えたほうが勝ち、という大会だったのだ〜〜〜。コリャ、すぐ終わって時間が余るな、というTeacherちづこの予想を裏切って、みんな歌う歌う…。33人すべてが150匹全部言えるとはおもわなんだ!!う〜ん。おそるべしポケモン。でも、Teacherちづこも、一番なら歌えるよ〜〜。♪ピカチュウ、カイリュー、ヤドラン、ピジョン……ってね。しかし、ポケモン覚えるくらいなら、掛け算の九九を覚えてくれよ〜〜と、大人の垢をいっぱいしょったTeacherちづこは、思ってしまうのだった。いやね〜〜大人って。97/11/24