蛇足的概略
龍と彩音


 インディーズバンドLUCIE LARC'ENのボーカル“hato”───長谷川龍は人間ではなかった。
光龍バハムートである自らを喚んだ、応えるべき召喚主=マスターの不在という心の空白を抱えた日々の中、龍は一人の女性と出会う。
 変化してゆく自らの感情に戸惑いながら、アーティストとファンの境を越えて交流を重ねてゆく、龍とその女性、彩音。

 一方タリウスの面々は連続殺害犯───『天使の名を持つ殺人者』を追い求め、繋がる糸を見つけだす。

 そして二つの線が交差する。その先にあるものは。


関連事項『cureless』『そして天秤はゆれる』
>戻る