夏〜花と水の楽園

 茶褐色の湿原が瞬く間に、一面緑のじゅうたんと化しました。白いワタスゲの果穂が揺れ、エゾカンゾウの黄色が一面に散らばると、雨竜沼湿原は夏本番を迎えます。池塘の中ではエゾノヒツジグサやオゼコオホネが咲き、カオジロトンボやベニヒカゲの飛ぶ姿が観察できます。やがて、タチギホウシやコガネギクが群落を見せ、カルガモの親子が水辺に姿を現すと、短い夏も終わりを迎えるのです。



緑あふれる
[航空撮影]
(7月上旬)

初夏の訪れ
コバイケイソウ
(7月中旬)

カムイの花園
エゾカンゾウ
(7月中旬)


紫の頃
タチギボウシ
(8月上旬)

夕霧の湿原
(8月中旬)

夕焼け
(8月下旬)



[ Topに戻る ]