秋〜黄金色の時

 雨竜沼湿原の最後を飾る花はエゾオヤマリンドウです。早い秋を告げる清楚な青紫色です。あんなに艶やかな湿原の深い緑は、逆光に煌めく黄金色へと変化していました。冷え込んだ朝には、薄絹のような霧が漂い、神秘的にさえ思えるのです。露を帯びたアキアカネは陽射しの温もりを捕らえて翔び立ちます。やがて霜が降り、その数を重ねる度に秋は深まりゆくのです。



静寂の朝
アキアカネ
(9月上旬)

湿原霧幻
湿原展望台より
(9月上旬)

湿原に虹
(9月中旬)


湿原秋色
[航空撮影]
(9月下旬)

晩秋の日の出
湿原展望台より
(10月上旬)

秋の池塘群
(10月上旬)



[ Topに戻る ]