キタイトトンボ  [イトトンボ科  Coenagrion ecornutum (Selys)]

雨竜沼湿原に生息するイトトンボの中では最も小型で、6月後半頃から見られます。カオジロトンボ同様早くに姿を現わす種です。オスは黄緑がかっていて、メスは黒っぽく見えます。池塘周囲の草地でよく観察できますが、オスとメスの両方が比較的近くにいる場合が多いようです。それにしても小さくてひ弱な印象でなかなか発見できない場合がありますが、一度見つけると目が慣れてきて次々に探すことが出来ます。



(オス)

(メス)


[ Topに戻る ]