アオイトトンボ  [アオイトトンボ科  Lestes sponsa (Hanseman)]

成熟したオスは金属緑色をして体に白い粉を帯びます。羽化したての個体は飛び方も翅がバタバタとして頼りなく、見栄えも冴えません。しかし、成熟すると見違えるほど気品のある姿となり、翅を少し開いた状態で植物の茎に止っています。イトトンボの中では大きな種に入ります。



(オス)

(メス)


[ Topに戻る ]