オオルリボシヤンマ  [ヤンマ科  Aeshna nigroflava Martin]

夏の盛りを過ぎる8月半ば頃になるとよく目に付きます。国内ではオニヤンマに次ぐ大型種で、ブンブン翅音を立てて池塘の周囲を飛んでいます。名前の通り青い模様の美しい体色をしており、メスは単独で水中に半身を没し産卵します。一度アキアカネを捕食している様子を見たことがありますが、トンボはやはり肉食です。



(オス)

(メス)


[ Topに戻る ]