現在の位置 :トップページ学校案内 → 沿革史

花川小学校のあゆみ


明治時代

明治6年 4月 8日    開拓使の許可を受け、民家を借りて、花畔教育所を創立
15年 6月 26日    石狩学校花畔分校と改称 (4年生、単級、児童数 15名)
16年 5月    石狩郡花畔学校と改称 (3年生、児童数 27名)
17年    木造平屋建ての校舎を新築 (15坪)
23年 11月    校舎を移転し、新築 (敷地150坪、校舎15坪)
24年 4月 1日    花畔小学校と改称 (単級、児童数 23名)
28年 4月 1日    花川尋常小学校と改称 (単級、児童数 34名)
29年 8月 22日    校舎を移転、新築 (敷地600坪、校舎24坪)
31年 4月    補習科を設置 (夜学) 
32年 1月 15日    志美分教所を開設
  4月 1日    修学年限が4ヵ年になる (2学級、児童数 113名)
33年 1月    志美分校を設置
  5月 7日    校舎64坪を増築 (3学級、児童数 168名)
34年 4月 1日    初代校長発令 (田所正義校長)
  4月 26日    志美分校を志美分教場と改称
35年 3月 25日    志美分教場が志美尋常小学校として独立
  10月 20日    南線分教場と樽川簡易教育所を設置
37年 6月 20日    修学年限が2ヵ年の高等科を設置
  8月 10日    花川尋常高等小学校を改称 (尋常科4年、高等科2年)
39年 1月 23日    北海道長官より、出席優良名誉旗が授与される
  4月 1日    南線分教場が南線尋常小学校として独立
  4月 5日    高等科の修学年限が4ヵ年になる (児童数 167名)
41年 4月 1日    尋常科の修学年限が6ヵ年、高等科が2ヵ年となる
  8月 1日    体操場50坪、中央玄関16坪を増築
     教育奨励組合を設置
  9月 8日    志美・南線・樽川の3小学校を統合し、4年生までの分教場とし、
5年生以上を本校へ通学させる
 45年 6月 13日    樽川分教場が、樽川尋常小学校として独立

大正時代

大正2年 1月 18日    教育奨励組合を、花川保護者会と改組
11年 10月 31日    開校50周年記念式典を挙行
13年 12月 18日    校舎の大改修を行い、職員室・裁縫室等33坪を増築
15年 7月 1日    青年訓練所を併置

昭和時代

昭和4年 4月 6日    志美分教場が、志美尋常小学校として独立
5年 4月 1日    児童数の減少により、4学級編制になる
12月 1日    実業補習学校を併置
8年    「校章」を制定
10年    青年訓練所を廃止し、花川青年学校を併置
11年    「校旗」の図案を制定。校旗が寄贈される(卒業生と教師)
13年 7月 21日    南線分教場が、南線尋常小学校として独立
16年 4月 1日    石狩町立花川国民学校と改称 (初等科6年、高等科2年)
   花川保護者会を改組し、花川教育後援会を創立
22年 4月 1日    石狩町立花川小学校と改称
   5月 1日    花川中学校を併設
 23年  3月  2日    花川教育後援会を改組し、花川小学校PTAを創立
   3月  3日    花川青年学校を廃止
 29年  5月  30日    校舎を全面的に改築
 33年  3月  31日    PTAよりグランドピアノが寄贈される
 35年  3月      校歌と校旗(校章の一部)を制定し、校旗を新調
  12月 21日    花川中学校を分離 (独立校舎が落成)
 38年  4月  8日    開校90周年記念式典を挙行
 40年  7月      グランドに暗渠排水工事を実施
 46年  6月  30日    ブロック塀を設置 (11号線道路沿いと農協側)
   9月  7日    理科室と準備室を新築
 47年  4月  1日    町営住宅等の新設に伴う児童増により9学級編成となる
   9月  20日    木造二階建の新校舎を増築 (教室2・図書室・音楽室・手洗い場・便所)
 48年  6月  8日    開校100周年記念式典を挙行
 49年  4月  1日    樽川小学校の閉校に伴い、10学級編成となる (児童数 274名)
 50年  4月  1日    花畔団地の造成による児童数の増加と、学級編成基準の改訂により、12学級編成となる (児童数 333名)
   10月  27日    プレハブ校舎を増築
 51年  4月  1日    13学級編成となる (児童数 471名)
  10月  13日    鉄筋二階建校舎を増築
 52年 1月  1日    児童急増地帯として、年度途中に学級増が認可され、18学級編成となる (児童数 627名)
  4月  1日    新設校「若葉小学校」への分離により、12学級編成となる
 53年 4月  1日    志美小学校が閉校になり、13名を迎え本校に統合
 56年 8月  1日    茨戸川氾濫のため、体育館が避難場所となる (避難者 170名)
 57年 12月  14日    鉄筋二階建の新校舎を増築
 58年 3月  23日    子ども貯金優良校として、道信連会長より表彰される
   6月  30日    100周年記念碑を校舎正面に移設し、記念庭園と花壇を造成
   11月  22日    新体育館が落成
   12月  11日    新校舎・体育館の落成と開校110周年記念式典を挙行
記念事業の一環としてグランドピアノ・ドラムセット等のほか教育備品が多数寄贈される
 59年  10月  21日    グランド拡張造成工事が完了し、あわせて遊具、バックネット、フェンス、国旗京掲揚塔を設置
 62年  4月  1日    通学区域変更に伴い、石狩小へ12名転出、若葉小より11名転入し、10学級編成となる (児童数 259名)
 63年  4月 1日    9学級編成となる (児童数 255名)