株式会社アイ・ピー・エス Intelligent  Program Service 

ホーム 上へ 業務内容 会社概要 主な業務実績

 

対話型セミナー
パッケージ商品
参考資料
過去のトピックス

 

 

 

因子分析

消費者がもつブランドイメージやライフスタイルからターゲットの特性を従来の性別・年代だけに偏らない基準で分類し、効率的なアプローチ方法(広告・販促)を見つけたい。新しい店を出したいので、周辺人口や競合店の配置、交通機関からの距離などから、ある程度の客数を予測したい。…こういったお考えをおもちの場合に、多変量解析が役立ちます。代表的な手法のひとつである因子分析のアウトラインと、多変量解析の種類および費用概算を商品案内(PDFファイル)に記載しましたのでご参照ください。

多変量解析の主な手法

因子分析・主成分分析
クラスター分析
重回帰分析
判別分析
数量化理論T類、数量化理論U類、数量化理論V類、数量化理論W類
コレスポンデンス分析
 

こちらをダウンロードしてご覧ください 商品案内をダウンロードする(PDFファイル)

 AdobeReaderPDFファイルの閲覧には、Adobe Systems社のAdobe Readerが必要です。

                       


最終更新日 : 2012/08/29