危機管理【組織責任】

  1. Home>
  2. 危機管理/補償>
  3. 危機管理【組織責任】

危機管理【組織責任】

 弊社は依頼主様をはじめさまざまな方と関係をしております。その関係を長く保ち、関係者のリスクを少なくするためと依頼主様と社会に貢献する目的のために、リスクや経費の少ない健全な組織作りを目指しています。

1.各補償等で依頼者リスク排除と組織の危機管理
建築物の完成後の補償・工事中のリスク補償・設計・監理ミスに対しての補償などで危機管理しています。
2.資金調達による支払いリスクの排除
弊社は建築業ではありませんので建築の【請負】を行いません。また商品を仕入れし販売する形態の利ザヤ商売もしておりません。建築プロジェクトにおいて弊社を商業通過した取引はありませんので、無駄な建築資金の支払リスクを持たず、弊社はその分依頼主様の建築費に還元できます。
3.プロジェクト完結型売上
弊社は設計報酬と監理報酬が売上です、それは手間賃であり、そのプロジェクトごとに清算します。請負契約で行われる建築のように先のプロジェクトで後の工事の支払をする、自転車操業的な資金管理をする必要がありません。そのシステムにより、経理上の健全化、自浄性と公開性を担保します。
※いわゆるどんぶり勘定になることがありません
4.営業費削減
弊社は建築会社と異なり、商品の販売ではないため、大きな広告宣伝や営業マンの活動やサービス、人件費など営業費が必要ありません。 その分、監理報酬などを下げることが可能となり、依頼主様の建築費に還元でき、同時に弊社の経費が身軽になることで、無理な受託に向かう必要がなくなります。
5.設計・マネジメント業務兼務
建築工事の設計監理とマネジメント業務には実は共通した部分があります。その重複した、業務を健全な立場のおいて兼務することで手間賃の削減ができ、上記の営業費と同じように経費の削減が行われ、依頼主様の建築費削減に還元することが可能です。また、無理な営業活動を行う必要がなく、受託活動に発生する建築プロジェクトリスクの削減につながります。