DM方式(デザイン・マネジメント)

  1. Home>
  2. システム>
  3. 弊社の業務システム>
  4. DM方式(デザイン・マネジメント)

DM方式(デザイン・マネジメント)

弊社は設計業務・DM業務・CM業務、3つの業務を行うことができます。
ここではその中のDM業務について説明します。

※注意!分離発注方式とはCMやDMとはイコールではなくCMやDMの発注方法の一つです

DM=デザインマネジメント(デザインは設計、マネジメントは管理)※以下「DM」と略します
設計者が建築プロジェクトを成功裏に完了させることを目指し行われる業務のことです。 DMはCM(コンストラクション・マネジメント)の一種でCMは設計以外の者がマネジメントするに比べDMは設計者がマネジメントを行う事の違いです。

設計事務所の設計業務にマネジメント業務を兼務するため合理的管理が可能になり、同時に機能、仕様や材質を変えずにシステム的な部分を合理的にすることでコストダウンが生まれる方法です。設計事務所はマネジメント内にコスト利害が発生しないため客観的な管理と、建築主側の立場での建築主の味方として業務することができ、さらに設計者が兼務することでデザイン性や設計提案のメリットが可能となります。小西建築工房は設計業務とマネジメント業務(DM)を基本業務とした業務を提供します。

※請負方式が完成責任を持つことに比べ、DMのマネジメントは一定の金額で約束するのではなく建築プロジェクトの管理部分のみを弊社が準委任代理するものでありますので完成させるための資材数、完成日、完成ためのコスト等、完成の約束はうけられません。なお、設計部分については成果物の完成責任をとらせえていただきます。