京浜東北線(北行)攻略法

私なりの攻略法です。たしになるかどうかわかりませんが、まだクリアーしていない方は、参考にしてみて下さいね。


はじめに
山手線と京浜東北線では今回から、本物にあわせてATC(Automatic Train Control)システムをゲーム中に取り入れられました。
ATCの速度信号(25,45,65,75,90)に従って電車を進めていくことになるので、基本的にはその速度にあわせて電車を動かせばよいことになります。
しかし駅での停車時のブレーキ操作は、いままでどおり運転手まかせですので、予定時刻よりも早着しすぎてしまうと、いままでの電車でGO!シリーズで次の区間の信号の色が変化していたのと同様に、ATCの速度信号にも影響がでるようになっています。
ダイヤに正確な運転というのはとても重要です。

駅に停車するときの基本
駅に止まるときは、まず停止位置までの距離が残り300mになるまでに、65キロまで減速しておきます。あとは以下を目安にしてみてください。

最後に残り15mの地点でブレーキを7にいれ停車します。「強く・短くブレーキをかける」ということが、結構重要です。
ブレーキ8については「一気に0から8へ入れない」ければよいようです。

以下、各区間で、気のついたところを列記しました。

品川 8:09発南浦和行き 品川 10:39発 快速南浦和行き 品川 16:31発大宮行き(103系) 品川 22:57発大宮行き

品川 14:09発 快速大宮行き(103系)


品川 10:39発 快速南浦和行き
定時通過を狙うために、以下の目安を参考にして速度の調節をしましょう。

残り10秒 残り20秒
45km/h
60km/h
70km/h

(厳密には72km/h)
125m
150m
200m

250m
300m
400m

品川→田町
70キロまで加速したあと、右側の黄色いボックス(残り1350m地点)がみえる付近でブレーキを4に入れ、減速を開始します。45キロ信号が点灯するころには60キロくらいになってます。ブレーキを7に入れ減速しますが、45キロになったらブレーキを切りましょう。
上り勾配では2度ほど再加速して40キロを切らない速度を維持し、下り勾配では雨が降って滑りやすいので、加速がつきすぎないようブレーキを2〜3くらいに入れます。
田町到着には時間が2秒ほど不足気味になるので、多少つっこみ気味でブレーキをかけ、50キロ付近で一度ブレーキを8に入れると、ちょうどよい時間に停車できるようです。
田町→東京
新橋の手前で65キロ信号が点灯します。
新橋通過後75キロ信号が点灯しますが、有楽町では45キロ信号が点灯するので、加速は70キロくらいまでに抑えておきます。
二つ目の小さい橋のあたり(残り450m地点)からブレーキを4に入れ減速を開始し、45キロ信号が点灯したらブレーキを7に入れましょう。
ほぼ定時に走行していれば、有楽町通過後は65キロ信号が点灯するはずです。
ここまでコンティニューなしでくると、ボーナスゲームが始まります。
東京→秋葉原
ブレーキを解除してマスコンをひいた直後の地点に、警笛ボーナスがあります。
75キロ信号が点灯しますが、加速は70キロくらいまでです。65キロ信号が点灯するので、ブレーキを5くらいに入れて減速し、その後もブレーキを3くらいにいれたまま、45キロまで減速します。
45キロになったらブレーキを切ります。
秋葉原→上野
ずっと65キロ信号が点灯しています。
上野駅手前に警笛ボーナスがあります。

品川 8:09発南浦和行き
なんだか遅くって、ノロッコ号みたい(^^;。東京の朝のラッシュって、いつもこんなに遅いんでしょうか。
速度が遅く惰性走行の続かない区間が多いので、40キロ(20キロ)を切らないうちに再加速します。また、停車駅に近づいてきたら必ず加速しておき、制限いっぱいの速度で駅構内にはいるようにしてください。

品川→田町
発車時に警笛でボーナスが入ります。
70キロまで加速して、45キロ信号が点灯したらブレーキを7に入れ減速します。45キロになったらブレーキを切ります。
上り勾配では2度ほど再加速して40キロを切らない速度を維持し、下り勾配ではブレーキを2に入れます。
25キロ信号が点灯したらブレーキを3に入れさらに減速します。(400m地点が減速の限界点です)
田町→浜松町
75キロ信号が点灯しますが、加速は70キロまでにしておきましょう。
浜松町→新橋
ずっと45キロ信号が点灯しています。速度を維持するため、2回ほど再加速することになるでしょう。
ホームの手前で警笛を鳴らすとボーナスが入ります。
新橋→有楽町
70キロちょっとまで加速後、45キロ信号が点灯するのでブレーキを7に入れ減速します。45キロになったらブレーキを解除します。
有楽町→東京
ここは25キロ信号のままです。駅進入前に加速するのを忘れると、かなり痛いです。
ホームの手前で警笛を鳴らすとボーナスが入ります。ここまでコンティニューなしでくると、ボーナスゲームが始まります。
東京→神田
ブレーキを解除してマスコンをひいた直後の地点に、警笛ボーナスがあります。25キロ→45キロと信号が点灯します。
神田→秋葉原
ここも25キロ信号のままです。
秋葉原→御徒町
65キロ信号が点灯します。
御徒町→上野
45キロ→25キロと信号が点灯します。25キロ信号が点灯したら、ブレーキを3に入れ減速してください。(250m地点が減速の限界点です)
上野駅手前に警笛ボーナスがあります。

品川 22:57発大宮行き
都会にしては、暗くてよくみえないっすね。まあ線路沿いに、街灯があるわけじゃないからしょうがないんですけど。

品川→田町
発車時に警笛でボーナスが入ります。
70キロまで加速して、45キロ信号が点灯したらブレーキを7に入れ減速します。50キロあたりでブレーキを2にゆるめ、45キロになったらブレーキを切ります。
上り勾配では2度ほど再加速して40キロを切らない速度を維持し、下り勾配ではそのまま惰性走行しますが、45キロを超えそうなときは、ちょっとだけブレーキを2くらいに入れましょう。
65キロ信号が点灯したら加速します。
田町→浜松町
残り300m地点までに、70キロにしておきます。
浜松町→新橋
75キロまで加速しますが、すぐに65キロ信号が点灯しますので、ブレーキを6か7に入れ減速します。
ホームの手前で警笛を鳴らすとボーナスが入ります。
新橋→有楽町
70キロちょっとまで加速後、二つ目の小さい橋のあたり(残り450m地点)からブレーキを3に入れ減速しますが、暗くて橋がよく見えないときは、音で判断しましょう。45キロ信号が点灯したらブレーキを7に入れます。
45キロになったらブレーキを解除します。
有楽町→東京
65キロ信号が点灯します。
ホームの手前で警笛を鳴らすとボーナスが入ります。ここまでコンティニューなしでくると、ボーナスゲームが始まります。
東京→神田
ブレーキを解除してマスコンをひいた直後の地点に、警笛ボーナスがあります。
70キロまで加速後65キロ信号が点灯するので、ブレーキを3に入れ減速し、その後も45キロ信号に対応するため、ブレーキを切らずに2のまま45キロまで減速します。
45キロになったらブレーキを解除します。
神田→秋葉原
65キロ信号が点灯するまで少し時間があるので、それまでは45キロを超えないよう、気をつけます。
秋葉原→御徒町
65キロ信号が点灯します。
御徒町→上野
上野駅手前に警笛ボーナスがあります。

「電車でGO!2 高速編」のページへもどる