特急はくたか攻略法

私なりの攻略法です。まだクリアーしていない方は、参考にしてみて下さいね。
「♪」は警笛の場所のことを簡略表記したもので、その場所の手前で警笛を鳴らすとボーナスが何秒かもらえます。

この路線の注意点(全般)
485系の場合はおおむね130キロ、681系の場合は130〜150155キロくらいで走行します。各駅の通過時間が3秒以上早いことが続くと黄信号等が点灯してしまうことがありますので、あくまでも時間には正確に。

直江津 11:04発越後湯沢行き(はくたか7号:485系3000番台)
直江津 13:46発越後湯沢行き(はくたか9号:681系2000番台)
直江津 15:25発越後湯沢行き(はくたか11号:485系)

直江津 18:11発越後湯沢行き(はくたか15号:681系)


直江津 11:04発越後湯沢行き(はくたか7号:485系3000番台)
直江津 15:25発越後湯沢行き(はくたか11号:485系)

この路線の注意点(区間ごと)
以下の説明では[はくたか11号]をメインに説明しています。(☆)印のあるものについては、[はくたか7号]についてのみに適用される説明です。

直江津→黒井 (なおえつ→くろい)
関川手前の踏切
90キロまで加速してください。惰性走行後黒井駅のホームにさしかかったら、再度90キロまで加速して定時通過をねらいます。

黒井→犀潟 (くろい→さいがた)
惰性走行のまま進みます。
(☆)45キロ制限直前の踏切手前(7号のみ)
ホームにさしかかったらブレーキを2(雨天時は3)にいれ、75キロくらいまで減速すると定時通過を狙えます。

犀潟→くびき (さいがた→くびき)
犀潟をでると60キロ制限がありますので、ブレーキを5(雨天時は6)にいれ減速します。車体が重いので、上り勾配にさしかかったら加速し始めてください。ただし制限速度(特に60キロ制限)には引っかからないように。
60キロ制限が解除されたら120キロくらい(2〜3キロオーバーしてもよい)まで加速します。

くびき→大池いこいの森 (くびき→おおいけいこいのもり)
(制限120)→制限解除後少しだけ加速します。
トンネル手前
(☆)大池いこいの森ホーム手前(7号のみ)

大池いこいの森→うらがわら (おおいけいこいのもり→うらがわら)
130キロまで加速します。
トンネルの手前

うらがわら→虫川大杉 (うらがわら→むしがわおおすぎ)
(制限125)→惰性走行のまま進んでトンネルに入ったらブレーキを6(雨天時は7)にいれ、110キロまで減速します。
トンネルの手前
(☆)虫川大杉ホーム手前(7号のみ)
ホームにさしかかったら、残り時間によっては加速し始めて定時通過を狙います。

虫川大杉→ほくほく大島 (むしがわおおすぎ→ほくほくおおしま)
130キロまで加速します。
トンネルの手前

ほくほく大島→まつだい (ほくほくおおしま→まつだい)
130キロまで加速後惰性走行に入ります。

(はくたか7号の説明)
130キロまで加速します。120キロくらいになったら再度130キロまで加速します。

まつだい→十日町 (まつだい→とうかまち)
→この区間のはくたか7号の説明は、下にあるもうひとつの説明をご覧ください。

薬師峠信号場で列車通過待ちのため、途中から随時黄信号など(70→45→停止)が点灯します。これに対処するためまつだい通過後からブレーキを4に入れ、120キロから徐々に減速していきます。
トンネル手前(2)
70キロまで減速したら一度ブレーキを切り、黄信号が点灯したらまたブレーキを4に入れて減速します。停止信号が点灯したら、信号場内にある停止目標に近づいてからブレーキを7に入れ、停車してください。

信号場出発後は105キロまで加速します。信濃川手前で警笛を鳴らすのを忘れずに。
信濃川をわたったあとのトンネル手前
トンネルに入ったらブレーキを7にいれ50キロまで減速し、そこでいったんブレーキを切ります。(制限45)
残り80mでブレーキを7にいれて停車します。


(はくたか7号の説明)
130キロへ加速します。
トンネル手前(1)
トンネル手前(2)
トンネル手前(3)

薬師峠信号場付近で再度130キロへ加速します。
信濃川にかかる橋に近づいてトンネルの出口が見えてきたら、ブレーキを7にいれます。信濃川手前で警笛を鳴らすのを忘れずに。
信濃川をわたったあとのトンネル手前
このトンネル付近でだいたい110キロくらいまで減速できているはずです。(制限120) ブレーキは7のまま、50キロまで減速し、そこでいったんブレーキを切ります。(制限45)
ホーム手前
残り80mでブレーキを6にいれて停車します。


十日町→しんざ (とうかまち→しんざ)
(定時で発車したなら、70キロくらいまで加速すると定時通過になるようです)

しんざ→美佐島 (しんざ→みさしま)
(定時なら105キロくらいまで加速するとで定時通過になるようです)
遅れが生じたときはこの区間でなんとか取り返しましょう!
ホーム手前

美佐島→魚沼丘陵 (みさしま→うおぬまきゅうりょう)
125キロまで加速します。トンネルの出口が見えだしたらブレーキを6(雨天時は8)にいれて、100キロまで減速します。(制限120)
(☆)ホーム手前(7号のみ)

魚沼丘陵→六日町 (うおぬまきゅうりょう→むいかまち)
100キロになったらいったんブレーキを切りましょう。
(制限100)→この表示がでたら、ブレーキを6(雨天時は8)にいれ、さらに60キロまで減速します。(制限60)
ホームにさしかかる前に再加速して、なるだけ60キロに近い速度にしておき定時通過を狙います。残り10秒で140〜150mならOKですね。

六日町→塩沢 (むいかまち→しおざわ)
95キロまで加速します。
二つ目の踏切
(☆)小さい橋の手前(7号のみ)
(制限85)ブレーキを6(雨天時は7)にいれ減速します。制限解除後は100キロまで加速します。

塩沢→上越国際スキー場前 (しおざわ→じょうえつこくさいすきーじょうまえ)
100キロになったら惰性走行に入ります。
(制限85)ブレーキを6(雨天時7)にいれます。
ホームに進入する直前

上越国際スキー場前→大沢 (じょうえつこくさいすきーじょうまえ→おおさわ)
惰性走行のまま進んで残り250mくらいから、定時通過をねらうため85キロへ加速します。(制限85)

大沢→石打 (おおさわ→いしうち)
(制限85)→速度制限解除後は100キロまで加速します。
(制限70)→ホームにさしかかったらブレーキを6(雨天時8)にいれます。

石打→越後湯沢 (いしうち→えちごゆざわ)
トンネルの手前
制限解除後120キロまで加速します。
小さい橋の手前
ショベルカーみたいのが左手に見えたらブレーキを6(雨天時は7)にいれて、80キロまで減速します。(制限80)
80キロに減速後いったんブレーキを切りますが、この先に45キロ制限があるので、少ししたらまたブレーキを3(雨天時は4)にいれ減速します。(制限45)
(35キロくらいに速度が落ちているので)残り70mでブレーキを6(雨天時は7)にいれ、停車します。



直江津 13:46発越後湯沢行き(はくたか9号:681系2000番台)
直江津 18:11発越後湯沢行き(はくたか15号:681系)

この路線の注意点(区間ごと)
以下の説明では[はくたか15号]をメインに説明しています。(☆)印のあるものについては、[はくたか9号]についてのみに適用される説明です。
また雪の時は雨天時と同じブレーキ操作でOKです。

直江津→黒井 (なおえつ→くろい)
関川手前の踏切
90キロまで加速してください。惰性走行後黒井駅のそばにある踏切の手前あたりから、再度95キロまで加速して定時通過をねらいます。

黒井→犀潟 (くろい→さいがた)
惰性走行のまま進みます。
ホームにさしかかったらブレーキを6(雨天時は7)にいれ70キロくらいまで減速し、定時より2秒早い通過を狙ってください3秒以上早いと後々70キロへの減速信号点灯の可能性が高くなるので気をつけましょう。(犀潟を定時通過ですと、次の区間は必ず2〜3秒遅れてしまい、致命傷になります)

犀潟→くびき (さいがた→くびき)
犀潟をでると60キロ制限がありますので、ブレーキを3(雨天時は4)にいれ減速します。上り勾配にさしかかったように見えたら加速し始めてください。だし制限速度(特に60キロ制限)には引っかからないように。
60キロ制限が解除されたら125キロまで加速します。

くびき→大池いこいの森 (くびき→おおいけいこいのもり)
くびき通過後すぐにブレーキを3(雨天時は4)にいれ115キロくらいまで減速します。くびきで1秒遅れだった場合は減速は120キロまでにして、遅れを取り戻します。(制限120)
制限解除後は惰性走行です。
トンネル手前
(☆)大池いこいの森ホーム手前(9号のみ)

大池いこいの森→うらがわら (おおいけいこいのもり→うらがわら)
130キロまで加速後惰性走行に入ります。
(☆)トンネルの手前(9号のみ)

うらがわら→虫川大杉 (うらがわら→むしがわおおすぎ)
125キロを切っているようなら125キロまで加速しておき、125キロ制限の区間でもできるだけそれに近い速度で走行できるようにしておきます。
(制限125)→制限解除後すぐに加速してください。
(☆)トンネルの手前(9号のみ)

虫川大杉→ほくほく大島 (むしがわおおすぎ→ほくほくおおしま)
155キロまで加速します。虫川大杉を1秒遅れで通過した場合は160キロまで加速します。加速後は惰性走行です。
(☆)トンネルの手前(9号のみ)

ほくほく大島→まつだい (ほくほくおおしま→まつだい)
155キロまで加速後惰性走行に入ります。
儀明信号場手前(15号のみ)

まつだい→十日町 (まつだい→とうかまち)
惰性走行のままです。
(☆)トンネル手前(1)(9号のみ)
(☆)トンネル手前(2)(9号のみ)
(☆)トンネル手前(3)(9号のみ)

4つ目のトンネル手前で加速(ないしは減速)し、薬師峠信号場付近で140キロくらいになるようにします。
信濃川にかかる橋に近づいてトンネルの出口が見えてきたら、ブレーキを7(雨天時は8)にいれます。信濃川手前で警笛を鳴らすのを忘れずに。
信濃川をわたったあとのトンネル手前
(制限120)→そのままブレーキをいれた状態にして、100キロまで減速してください。十日町駅構内に入るころには90キロくらいになってますが、定時通過に間に合わなそうでしたら100キロまで加速します。→(制限100)


十日町→しんざ (とうかまち→しんざ)
十日町を90キロくらいで定時通過したら、惰性走行を続ければ定時通過になります。

しんざ→美佐島 (しんざ→みさしま)
105キロまで加速し惰性走行に入ります。
ホーム手前

(はくたか9号のみ適用の説明)
定時より遅れている場合は105キロ以上に加速してもかまいません。

美佐島→魚沼丘陵 (みさしま→うおぬまきゅうりょう)
→この区間のはくたか9号の説明は、下にあるもうひとつの説明をご覧ください。

赤倉信号場で列車通過待ちのため、途中から随時黄信号など(70→45→停止)が点灯します。これに対処するため美佐島通過後からブレーキを6に入れ、70キロへ減速します。
70キロまで減速したら一度ブレーキを切り、黄信号が点灯したらブレーキを3に入れて減速します。停止信号が点灯したら、信号場内にある停止目標に近づいてからブレーキを7に入れ、停車してください。

信号場出発後は110〜120キロ(残り時間により適宜調整)まで加速します。
(制限120)に引っかからないよう気をつけます。

(はくたか9号の説明)
135キロまで加速します。
赤倉信号場手前
トンネルの出口が見えだしたらブレーキを6(雨天時は8)にいれて、120キロまで減速します。(制限120)

魚沼丘陵→六日町 (うおぬまきゅうりょう→むいかまち)
魚沼丘陵通過後ブレーキを5〜6(雨天時は7)にいれ、100キロまで減速します。100キロになったらいったんブレーキを切りましょう。
(制限100)→このあとに[下り勾配]の表示がでたら、すぐにブレーキを7(雨天時は8)にいれ、60キロまで減速します。(制限60) タイミングがかなりきわどいので、少し早めにブレーキをかけた方がいいのかもしれません。
ホームにさしかかる前に一度再加速して、なるだけ60キロに近い速度にしておき定時通過を狙います。残り10秒で140〜150mならOKですね。

六日町→塩沢 (むいかまち→しおざわ)
95キロまで加速します。
(☆)二つ目の踏切(9号のみ)
(☆)小さい橋の手前(9号のみ)
左手に建物が見えたらブレーキを6(雨天時は7)にいれ減速します。(制限85) はくたか9号の場合は85キロ制限の表示がでたらブレーキ操作をします。
制限解除後は塩沢駅通過まで(105キロ弱くらい)加速します。

塩沢→上越国際スキー場前 (しおざわ→じょうえつこくさいすきーじょうまえ)
惰性走行に入ります。
勾配なしの表示がでたらブレーキを6(雨天時7)にいれます。(制限85) はくたか9号の場合は85キロ制限の表示がでたらブレーキ操作をします。
ホームに進入する直前

上越国際スキー場前→大沢 (じょうえつこくさいすきーじょうまえ→おおさわ)
惰性走行のまま進んで残り250mくらいから、定時通過をねらうため85キロへ加速します。(制限85) 遅れている場合は惰性走行せず、ここで取り戻します。

大沢→石打 (おおさわ→いしうち)
(制限85)→速度制限解除後は100キロまで加速します。
(制限70)→ホームにさしかかったらブレーキを6(雨天時7)にいれます。

石打→越後湯沢 (いしうち→えちごゆざわ)
トンネルの手前
制限解除後110キロまで加速します。
小さい橋の手前
ショベルカーみたいのが左手に見えたらブレーキを4(雨天時は5)にいれて、80キロまで減速します。(制限80)
80キロに減速後いったんブレーキを切りますが、この先に45キロ制限があるので、少ししたらまたブレーキを3(雨天時は4)にいれ減速します。(制限45)
(35キロくらいに速度が落ちているので)残り70mでブレーキを6(雨天時は7)にいれ停車しますが、時間に余裕があるのでもう少し手前(残り100mあたり)からブレーキ操作をして、時間を調整した方がいいでしょう。


「電車でGO!2 高速編」のページへもどる