鹿児島本線(特急)攻略法

距離が長くて大変です(^^;。ここに書いてある攻略どおりに実際の状況がならなくても、臨機応変に対処できないとクリアが苦しくなる路線ですね。まだクリアーしていない方は、参考にしてみて下さい。
「♪」は警笛の場所のことを簡略表記したもので、その場所の手前で警笛を鳴らすとボーナスが何秒かもらえます。

この路線の注意点(全般)

減速信号について
減速信号が点灯させてしまうと70キロまで減速しないといけませんが、高速走行していることの多い特急列車では、とても減速しきれるものではありません。
減点&ダイヤに大幅な遅れが生じてしまいクリアできなくなるので、駅通過が3秒以上早くならないよう、うまく速度を調節しましょう。

セクションについて
セクション通過のボーナスを得るには、ある区間を惰性走行もしくは減速(つまりノッチが0に入っていればよい)で通過すればもらえます。1ヶ所ごとに2秒もらえます。
それでその区間には、右図の順番で標識が立っています。
最初の標識は惰性走行区間の予告標識で、だいたい150mくらい手前にあります。□にが入った標識から惰性走行区間で、標識まで(つまり灰色の区間)です。距離は100mくらいのようです。
博多→小倉間では4ヶ所もありますので、確実にゲットしましょう。

博多 13:10発大分行き(ソニック13号:883系)
博多 16:10発南宮崎行き(にちりん19号:485系)

博多 8:25発宮崎空港行き(にちりんシーガイア5号:787系)
博多 18:16発東京行き(寝台特急はやぶさ:ED76+24系25型)
博多 6:36発大分行き(ソニック1号:485系)


博多 13:10発大分行き(ソニック13号:883系)
基本的には120キロでの走行を心がけて運転すればよいようです。また無理に定時通過を狙わず、1〜2秒早く通過するくらいの方が、終点にたどり着くにはうまくいくと思います。
定時に通過するための目安として、残り600mの地点を時速120キロで、次の駅の通過予定時刻の20秒前に通過というのをわたしは目安にしています。
これよりもペースが速い場合は少し減速して、遅い場合には加速します。実際にこの速度で運転するとちょっと早いのですが、あくまで目安ということで。
これを応用すると、120km/hで、10秒=300m,30秒=900m,40秒=1200m,60秒=1800m という風になりますね。

この路線の注意点(区間ごと)
 博多→吉塚(120)は、次通過駅での駅構内制限速度です。この場合は吉塚駅構内の速度制限が 120km/hであることをあらわしています。
特記のないものについては、駅構内での速度制限はないということです。

博多→吉塚(120) (はかた→よしづか)
80キロまで加速後、惰性走行に入ります。
吉塚手前で最初にみえる分岐器あたりから加速し始めると定時通過を狙えますが、失敗することもあり、タイミングは結構シビアです。1秒遅れで通過してもよしとしましょう(^^;。

吉塚→箱崎(120) (よしづか→はこざき)
120キロ強まで加速しすぐにブレーキをかけてホーム手前までに120キロへ減速します。ここも定時通過を狙うのは結構きびしいです。
吉塚駅通過後にある最初の踏切の手前

箱崎→香椎(120) (はこざき→かしい)
箱崎駅通過後にある最初の踏切の手前
ふたつ目の踏切でブレーキを8にいれ(7まで一度にいれたあと8にいれること)、この先にある95キロ制限にそなえます。減速中にセクションを通り過ぎます。
100キロを切ったらブレーキを切ってください。自然と95キロくらいまで減速されます。
95キロ制限解除後120キロまで加速しすぐにブレーキを3にいれ、115キロ制限にそなえます。1番手前にある踏切の手前あたりから再加速して120キロにし定時通過を狙いますが、1〜2秒遅れになることの方が多いです(T_T)

香椎→九産大前 (かしい→きゅうさんだいまえ)
定時通過できたなら、125キロまで加速後惰性走行になります。
九産大前駅手前にある踏切の手前
定時から2秒遅れなら制限解除後140キロへ加速します。ここで今までの遅れを取り戻せますよ(^^)。

九産大前→筑前神宮(120) (きゅうさんだいまえ→ちくぜんしんぐう)
残り600mでブレーキを3にいれ、115キロまで減速します。
筑前神宮駅手前にある踏切の手前
140キロまででていたときは、九産大前通過後すぐにブレーキを6にいれ減速します。

筑前神宮→古賀(120) (ちくぜんしんぐう→こが)
セクションにさしかかる前に130キロまで加速しておきます。
セクションでは惰性走行です。
セクション通過後ブレーキを3にいれ、古賀駅の速度制限である120キロに減速しておきます。
セクション通過後にある左カーブしている橋の手前

古賀→千鳥 (こが→ちどり)
120キロまで加速します。
千鳥駅手前にある踏切の手前

千鳥→福間(110) (ちどり→ふくま)
惰性走行です。
福間駅手前にある橋の手前
福間駅ホームに接したらブレーキを4にいれ、駅をちょっと過ぎるくらいまでに90キロになるよう減速します。

福間→東福間(90) (ふくま→ひがしふくま)
福間駅通過後しばらく90キロ制限になります。
上り勾配なので、ある程度速度が落ちてきたら(80キロが目安でしょう)、再び90キロまで加速して下さい。
2秒ほど遅れているときは「85キロになったら90キロへ再加速」を2度行えば、定時通過を狙えるようです? それ以上に遅れている場合には、90キロを維持し続けましょう。

東福間→東郷 (ひがしふくま→とうごう)
制限が解除されたら110キロまで加速し惰性走行に入ります。
ホームにさしかかったら、115キロへ加速します。

東郷→赤間(120) (とうごう→あかま)
途中セクションがありますので、引き続き120キロまで加速します。
駅よりかなり手前で120キロ制限となっているので気をつけましょう。
セクション通過後にある橋の手前

赤間→教育大前 (あかま→きょういくだいまえ)
125キロまで加速します。

教育大前→海老津 (きょういくだいまえ→えびつ)
惰性走行のまま進み110キロくらいになったら再加速して、トンネル手前までに120キロになるようにします。
トンネルの手前
トンネル内は120キロ制限なので、気をつけます。
速度制限解除後は135キロへ加速します。

海老津→遠賀川(100) (えびつ→おんががわ)
ブレーキを6にいれ130キロへ減速後、ブレーキを切って惰性走行に入ります。
残り900m地点でブレーキを6にいれ、100キロまで減速して下さい。駅構内途中で100キロ制限になるためです。
遠賀川駅手前にある橋の手前

遠賀川→水巻 (おんががわ→みずまき)
110キロまで加速します。

水巻→折尾(55) (みずまき→おりお)
残り800m地点で(結構ぎりぎりなので850mあたりでもよい)ブレーキを6にいれ、減速に入ります。80キロくらいになったらブレーキを4くらいにゆるめます。減速のタイミングがが早すぎると、到着予定時刻から遅れることになるので気をつけます。

次は停車駅です! 55km/h制限!
ホーム手前
50キロくらいで残り110m地点でブレーキを6に入れ、停車します。

折尾→黒崎 (おりお→くろさき)
左カーブの橋の手前
セクションがありますので、その地点まで加速します。だいたい90キロ近くまで加速できます。セクション区間では惰性走行し、セクション通過後100キロくらいまで加速してから、惰性走行に入ります。
上り勾配の表示がでたらブレーキを3にいれ95キロへ減速し、下り勾配に入ってもブレーキを調整しながら徐々に80キロへ減速します。

次は停車駅です!
残り250mで(80キロであること)ブレーキを7にいれます。40キロくらいになったら残りの距離数でブレーキをゆるめるなどして調整します。
残り80mでブレーキ6でOK。
また次の区間の時間が少ないので、できれば1〜2秒早着した方がよいです。

黒崎→八幡 (くろさき→やはた)
120キロくらいまで加速すると定時通過を狙えるようですが、八幡駅停車が定時ぴったりの時でもぎりぎりです(^^;。定時より遅れた場合はひたすら加速しましょう。
ホームの手前

八幡→枝光 (やはた→えだみつ)
130キロまで加速し、残り時間を考えて120キロへ減速していきます。

枝光→戸畑 (えだみつ→とばた)
トンネルの手前までに120キロへ減速します。
トンネルの手前

戸畑→九州工大前 (とばた→きゅうしゅうこうだいまえ)
惰性走行ですがそのままですと1秒早いので、途中で軽くブレーキをいれ減速し、定時通過を狙います。

九州工大前→西小倉 (きゅうしゅうこうだいまえ→にしこくら)
130キロまで加速します。
残り400mあたりでブレーキを3にいれて120キロくらいに減速し、西小倉駅のホームが見えたらすぐブレーキを7に強め、西小倉通過時に100キロくらいまで減速します。
ここは多少早く通過してもかまいません。逆にそのほうが、小倉に定時停車できることが多い気がします。

西小倉→小倉(45) (にしこくら→こくら)
引き続きブレーキを7にいれたまま減速し(残り600m地点までに90キロとなる)、小倉駅の速度制限(45キロ)に備えます。
橋の手前

次は停車駅です! 45km/h制限!
残り80mでブレーキを6にいれ、停車します。


「電車でGO!2 高速編」のページへもどる

博多 18:16発東京行き(寝台特急はやぶさ:ED76+24系25型)
基本的には80キロでの走行を心がけて運転すればよいようです。
定時通過するための目安として、残り440mの地点を時速80キロで、次の駅の通過予定時刻の20秒前に通過というのをわたしは目安にしています。これよりもペースが速い場合は少しだけ減速して、遅い場合には加速します。
同様に5秒=110m,10秒=220m,30秒=660m,40秒=850m,60秒=1250〜1300mという感じです。
ただし客車列車であるため、加速が非常に鈍いです。定時通過を狙おうとして駅の手前で大きな減速(70キロ以下への減速)をしてしまうと、もとの速度へ立て直すのが大変ですので十分気をつけましょう。

(参考) 残り10秒 残り20秒
90km/h
70km/h
250m
200m
500m
400m

この路線の注意点(区間ごと)

博多→吉塚 (はかた→よしづか)
65キロまで加速後惰性走行。残り150mから加速します。

吉塚→箱崎 (よしづか→はこざき)
80キロへ加速します。

箱崎→香椎 (はこざき→かしい)
セクションを通過する前に80キロへ一度加速しておきます。
吉塚駅通過後にある最初の踏切の手前

香椎→九産大前 (かしい→きゅうさんだいまえ)
九産大前駅手前にある踏切の手前

九産大前→筑前神宮 (きゅうさんだいまえ→ちくぜんしんぐう)

筑前神宮→古賀 (ちくぜんしんぐう→こが)
セクションを通過します。
セクション通過後にある左カーブしている橋の手前

古賀→千鳥 (こが→ちどり)
千鳥駅手前にある踏切の手前

千鳥→福間 (ちどり→ふくま)
福間駅手前にある橋の手前
福間駅通過後は70キロ制限になるので、ホームにさしかかったらブレーキを4にいれ70キロへ減速します。

福間→東福間 (ふくま→ひがしふくま)
福間駅通過後しばらく70キロ制限になります。
上り勾配にかかったら速度が落ちないよう力行に入り、70キロを維持します。

東福間→東郷 (ひがしふくま→とうごう)
70キロ制限が解除されたら再び80〜85キロへ加速します。

東郷→赤間 (とうごう→あかま)
セクションを通過します。
セクション通過後にある橋の手前

赤間→教育大前 (あかま→きょういくだいまえ)

教育大前→海老津 (きょういくだいまえ→えびつ)
距離が長いので最初に85キロへ加速しておきます。トンネルの手前あたりでほどよい速度になっています。
トンネルの手前

海老津→遠賀川 (えびつ→おんががわ)

遠賀川→水巻 (おんががわ→みずまき)

水巻→折尾 (みずまき→おりお)
折尾駅手前から55キロ制限です。残り700mまでに80キロに速度を調整しておき、残り700mからブレーキを3にいれ、55キロへ減速します。減速が早すぎると通過予定時刻から遅れますので気をつけましょう。
ホーム手前
ホームに接するときに速度が50キロで残り17秒であれば定時通過できますが、仮に間に合わなくても55キロを超えて加速してしまわないよう気をつけてください。

折尾→黒崎 (おりお→くろさき)
左カーブの橋の手前
セクションを通過します。セクションの手前までに70キロくらいまで加速できるようです。

黒崎→八幡 (くろさき→やはた)

八幡→枝光 (やはた→えだみつ)

枝光→戸畑 (えだみつ→とばた)
トンネルの手前

戸畑→九州工大前 (とばた→きゅうしゅうこうだいまえ)

九州工大前→西小倉 (きゅうしゅうこうだいまえ→にしこくら)

西小倉→小倉 (にしこくら→こくら)
西小倉通過後80キロならブレーキを3に入れ、45キロまで減速します。
残り100mでブレーキを6にいれ停車します。停止直前のブレーキ加減が少し難しいので気をつけましょう。


「電車でGO!2 高速編」のページへもどる