秋田 16:30発東京行き (こまち22号:E3系+やまびこ22号:E2系)

駅停車時は、残り200mまでに60キロまで減速しておき、
150m−55km/h−ブレーキ6とします。あとは持ち時間とのかねあいで、うまくブレーキを調整してください。
また速度の目安は120km/hを基準に残り10秒=300m・残り20秒=600mくらいのおおざっぱなもので十分でしょう。(おそらくそこまで考えてる余裕はないですから(^^;)

秋田→四ツ小屋 (あきた→よつごや)
発車時マスコンをいれた直後。
駅構内は55キロ制限ですので、55キロまで加速しそのまま惰性走行します。その後速度制限が80キロになるので、そのままセクション区間の手前まで加速します(108キロまで加速できます)。
セクションのボーナスをもらったら再び加速し、115キロまで加速するとちょうど定時通過できますが、先のことを考えるとここでは定時通過は狙わず、1〜2秒くらい早く通過しておいた方が次の区間以降うまくいくことが多いようです。
四ツ小屋→和田 (よつごや→わだ)
四ツ小屋を110キロ前後で通過したら、ブレーキを6にいれ90キロまで減速します。(90キロ制限あり
速度制限が110キロになったら、120キロまで加速します。加速中に110キロ制限は解除されます。
和田→大張野 (わだ→おおばりの)
駅通過直前からブレーキを8に入れましょう。ここはタイミングが結構シビアです。
速度制限が解除されたら115キロまで加速しますが、駅構内に進入する前(残り200mくらい)からブレーキを7に入れ、駅通過時まで105〜100キロに減速しておいてください。(定刻より遅れていてもです)
大張野→羽後境 (おおばりの→うごさかい)
駅通過直前からブレーキを8に入れ、80キロまで減速してください。ここも結構シビアです。
無事80キロ制限を通り抜けたら100キロまで加速し、惰性走行にはいります。
トンネルの手前
そしてトンネルに入ったときに速度制限が解除されるので(結構見落としやすい)、115キロまで加速します。
残り200mになったらブレーキを6に入れてください。この先に90キロ制限の区間があるためです。
羽後境→峰吉川 (うごさかい→みねよしかわ)
ここでは駅通過後にブレーキを8に入れて90キロまで減速します。
トンネルをでる直前くらいで90キロ制限が解除されますので、125キロまで加速します。(このあと神宮寺まで、おおむね120〜125キロくらいで走行)
峰吉川→刈和野 (みねよしかわ→かりわの)
惰性走行で特に問題ないと思います。
刈和野→神宮寺 (かりわの→じんぐうじ)
刈和野通過直後にもう一度、130キロくらいまで加速しておきます。
少し走行したところにふたつ踏切があって、一つ目のほう(結構近づいてから鳴らさないと、ボーナスをもらえないようです)
もし速度がでていたら、駅通過時までに120キロまで減速しておきます。
神宮寺→大曲 (じんぐうじ→おおまがり)
120キロで神宮寺駅を通過したときは、すぐにブレーキを6に入れて100キロまで減速し、速度制限(100キロ)に備えます。
右カーブした先にある、橋の手前
残り550m(□に/の入った標識:セクションの項参考)の地点でブレーキを7に入れ、55キロまで減速していきます。55キロになったら一度ブレーキを切ります。


大曲→北大曲 (おおまがり→きたおおまがり)
発車時マスコンをいれた直後。
定刻に近い時間で大曲に停車していれば、110キロ(111キロ)まで加速すると定時通過を狙えるようです。
また大曲での多少の遅れは、ここで取り戻せます。
北大曲→羽後四ッ屋 (きたおおまがり→うごよつや)
120キロへ加速します。
羽後四ッ屋→鑓見内 (うごよつや→やりみない)
そのまま惰性走行を続けます。(115〜120キロ)
残り200mくらいから加速し始めてください。
鑓見内→羽後長野 (やりみない→うごながの)
125キロまで引き続き加速します。
斉内川橋梁
羽後長野駅手前の踏切
羽後長野→鶯野 (うごながの→うぐいすの)
駅通過後再度125キロまで加速します。残り200mくらいからブレーキを6に入れ減速し、115キロくらいにしてください。  
鶯野→角館 (うぐいすの→かくのだて)
ブレーキは引き続き6のままです
第一玉川橋梁(立派な橋)
第一玉川橋梁手前までに95キロへ速度を落としておきます。角館駅手前のポイントが75キロ制限なので、75キロまで減速してください。
角館→生田 (かくのだて→しょうでん)
115キロまで加速します。
生田→神代 (しょうでん→じんだい)
惰性走行ですが、途中で軽くブレーキを入れ、駅通過時までには100キロになるよう調整しておきます。
神代→刺巻 (じんだい→さしまき)
神代駅通過後90キロ制限になるので、100キロならブレーキを3〜4にいれます(110キロくらいだったらブレーキを7にいれ減速します)
90キロ制限の区間が長くカーブも多いので、なかなか速度を維持できません。83キロくらいになったら再加速しましょう。また、セクション手前までに一度再加速しておいたほうがいいです。
セクションの区間にある踏切
踏切&セクション通過後再度90キロまで加速します。制限解除後110キロまで加速します。
600mあたりでみえる、ゆるく右カーブを描いている橋の手前(橋の手前にある架線柱の一つ目よりも、もう少し手前あたり)
刺巻→田沢湖 (さしまき→たざわこ)
110キロになったら惰性走行に入ります。
橋→トンネルと連続している手前(800mあたり)
トンネル→橋となっているところのトンネル内(500mあたり)
ふたつ目の警笛を鳴らした所で100キロならブレーキを6にいれ、75キロに減速します。田沢湖駅ホームのすぐそばまで登り勾配になっているので、減速は結構早いです。


田沢湖→(大地沢信号場) (たざわこ→おおちざわしんごうじょう)
この区間に限り125〜130キロくらいまで加速しないと、とても間に合いません。加速後は惰性走行に入り、下り勾配にはいるのも手伝って120キロ程度で走行できます。
右カーブしている先にある橋の手前(2900mあたり:1番手前にある架線柱の真横あたり)
大地沢信号場の手前(トンネル内で鳴らす)
※信号場はこの区間にふたつあります。忘度内信号場・大地沢信号場の順です。
(大地沢信号場)→赤渕 (おおちざわしんごうじょう→あかぶち)
しかがいるところ
赤渕→春木場 (あかぶち→はるきば)
130キロくらいで通過したときには、ブレーキを6にいれ120キロへ減速します。春木場手前に来るころには115キロくらいに調整しましょう。
春木場→雫石 (はるきば→しずくいし)
橋の中ほど(650m付近)
110キロくらいに減速します。雫石を3秒以上早く通過すると「黄信号点灯(70キロ制限)→減速しきれず非常停止」で大幅減点という可能性があるので、早く通過することのないよう、十分気をつけましょう。

雫石→小岩井 (しずくいし→こいわい)
125キロまで加速します。
小岩井→大釜 (こいわい→おおかま)
ここも同様に、125キロまで加速します。時間がないときは130キロまで加速しましょう。
大釜→盛岡 (おおかま→もりおか)
3つ目のおおきな踏切をすぎたらブレーキを7に入れ、減速を開始します。停車時間には余裕があるので、盛岡駅停車は慎重に行いましょう。途中セクション区間があり、2秒ボーナスが入ります。

盛岡に0m(0cmではない)で停車すると、東北新幹線との連結ボーナスゲームが始まります。コンティニューしてたどり着いたときは、連結ボーナスゲームはありません。(新花巻へのボーナスステージはあります)
 連結ボーナス発車前に警笛、3〜5m地点でいったん停車、再発進時に警笛の計3ヶ所で、別途ボーナスが加算されるようです。連結成功後もらえる持ち時間に、その分が加算されているようです。(今までの最高:17秒でした)

盛岡→新花巻 (もりおか→しんはなまき)
275キロ信号が点灯しても、加速は270キロまでにしておいた方がよいようです。210キロへの減速信号が点灯したときに、対応しきれません。
ブレーキ操作は210キロ信号点灯時のみブレーキを8に、それ以外は7でよいようです。ホームの先端部にさしかかったらブレーキを6に入れ、30キロへ減速してください。
ここもあまり時間に余裕がないので、停止するときは引きつけて一気に停車する形になるかと思います。


「電車でGO!2 高速編」のページへもどる