北越急行ほくほく線攻略法

(時間が足りなくなったので、いまのところ暫定版(80/100)です。)
私なりの攻略法です。まだクリアーしていない方は、参考にしてみて下さいね。


この路線の注意点(全般)
この路線では、普通列車運転ですと信号場内では待避路線側を通過するため、駅間距離の長いわりには、スピードを出す区間は少ないです。 信号場での待避路線側の制限速度は60キロです。信号場内通過の時は、60キロ制限がでる前までに80キロ弱まで減速しておき、制限標識がでたらブレーキを5(ベリーハードでは6)にいれ、60キロまで減速します。 待避路線を通過している間に速度が落ちて50キロ近くになりますが、制限解除地点に近づくまでそのままでいます。解除地点が近づいたら加速しはじめて、制限解除のあたりで60キロになるようにしましょう。

減速方法は時速100キロくらいの状態で、残り500m付近でブレーキを6にいれて速度を落とし、60キロくらいまで減速します。その後いったんブレーキを切り、残り130m(雨天時150m)はの地点でブレーキを6にいれ、駅に停車します。
この路線は甘く見ていると、結構痛い目にあいますね(^^;。3秒以上早着してしまうと次の区間で黄信号等が点灯してしまいます。あくまで時間には正確に。

※ なお初級の方が、ブレーキのききが若干いいようです。

この路線の注意点(区間ごと)

直江津→黒井 (なおえつ→くろい)
出発からしばらくは35キロ制限なので、35キロまで加速後、惰性で走行します。速度制限解除後踏切に入ってから95キロまで加速してください。制限解除前から加速すると、黒井駅通過が少し早くなってしまいます。
ブルドーザーがいるあたりにある、小さい橋付近で警笛を鳴らすとボーナスがもらえます。
橋のあたりで95キロになっていますので、ここから惰性走行に入ります。

黒井→犀潟 (くろい→さいがた)
惰性走行を続けます。犀潟に近づくと、45キロ制限の表示がでてきますので、ブレーキを3にいれ減速します。
残り60mでブレーキを6にいれて停車します。

犀潟→くびき (さいがた→くびき)
105キロまで加速します。

くびき→大池いこいの森 (くびき→おおいけいこいのもり)
トンネルの手前から二つ目の架線柱付近で警笛を鳴らすとボーナスがもらえます。115キロまで加速します。

大池いこいの森→うらがわら (おおいけいこいのもり→うらがわら)
(特に注意点はありません)

うらがわら→虫川大杉 (うらがわら→むしがわおおすぎ)
虫川大杉では、待避線を通過するため60キロ制限になっています。よって加速は80キロまでです。減速時ブレーキが5だとききが弱いかもしれませんので、状況によっては6にいれましょう。

虫川大杉→ほくほく大島 (むしわおおすぎ→ほくほくおおしま)
駅通過後110キロまで加速します。

ほくほく大島→まつだい (ほくほくおおしま→まつだい)
※ ここから雨が降ることがあります
ほくほく大島発車時、加速に入る前に警笛をならさないと、減点されてしまいます。
ここも儀明信号場内の待避線を通過するため60キロ制限が待ちかまえていますので、加速は80キロまでです。
信号場通過後は90キロまで加速し、残り300m地点(この地点で時速80キロくらいになっているはず)でブレーキを6にいれ減速します。

まつだい→十日町 (まつだい→とうかまち)
100キロまで加速します。
またまたこの先に、60キロ制限の箇所(薬師峠信号場)があります。
通過後は100キロまで加速してください。
4つ目のトンネル手前(1本目と2本目の架線柱の中間くらい)で警笛を鳴らすと、ボーナスがもらえます。
500mでブレーキを6にいれ、45キロ制限に備えます。残り60mでブレーキを6にいれて停車します。
またここでは時間があまり気味になることが多いので、早着しないよう、うまく時間を調節する必要があります。

ここまでくると、ボーナスゲームがあります

十日町→しんざ (とうかまち→しんざ)
100キロまで加速します。駅のちょっとって前あたりで警笛を鳴らすと、ボーナスがもらえます。

しんざ→美佐島 (しんざ→みさしま)
(特にありません)

美佐島→魚沼丘陵 (みさしま→うおぬまきゅうりょう)
この間には赤倉信号場があり、ここでも60キロ制限です。ここに着くまでに60キロになっていることでしょう。
通過後は110キロまで加速します。

魚沼丘陵→六日町 (うおぬまきゅうりょう→むいかまち)
下り勾配にさしかかったらブレーキを5にいれます。その後60キロ制限の標識がでますので、ブレーキを6にいれます。60キロになったらブレーキを3くらいに弱めて、そのあとある35キロ制限に備えます。


「電車でGO!2 高速編」のページへもどる