北越急行ほくほく線攻略法

私なりの攻略法です。まだクリアーしていない方は、参考にしてみて下さいね。
「♪」は警笛の場所のことを簡略表記したもので、その場所の手前で警笛を鳴らすとボーナスが何秒かもらえます。

この路線の注意点(全般)
まず加速は100〜105キロくらいまで行います。
減速方法はまず残り500mまでに100キロへ減速し、残り500m付近でブレーキを3〜4くらいにいれ減速します。そして残り300m−85キロでブレーキを6にいれてください。
残り60mで40キロ、残り20mで20キロが適正速度です。それよりも早いときはブレーキを強めてください。また3秒以上早着してしまうと、次の区間で黄信号等が点灯してしまうことがありますので、あくまでも時間には正確に。

直江津 5:52発越後湯沢行き(快速) 直江津 7:37発六日町行き 直江津 14:16発越後湯沢行き

直江津 5:52発越後湯沢行き(快速)
直江津 7:37発六日町行き

この路線の注意点(区間ごと)
以下の説明では[直江津 7:37発六日町行き]をメインに説明しています。(☆)印のあるものについては、[直江津 5:52発越後湯沢行き(快速)]についてのみに適用される説明です。

直江津→黒井 (なおえつ→くろい)
出発からしばらくは35キロ制限なので、35キロまで加速後惰性で走行します。
関川手前の踏切
速度制限解除後90キロまで加速してください。黒井駅のホームにさしかかったら、再度加速して定時通過をねらいます。

黒井→犀潟 (くろい→さいがた)
90キロまで加速したら惰性走行に入ります。犀潟のふたつ手前の踏切(残り450m地点付近)あたりから、45キロ制限にそなえてブレーキを6にいれ減速します。50キロを切るくらいになったらいったんブレーキを切ってください。
(☆)45キロ制限直前の踏切手前(初級のみ)
残り60mでブレーキを6にいれて停車します。
ここで定時より遅れると、あとの区間に響いてくるので気をつけましょう。

犀潟→くびき (さいがた→くびき)
(特になし)

くびき→大池いこいの森 (くびき→おおいけいこいのもり)
距離が短いので加速は85キロまでです。
トンネル手前
大池いこいの森ホーム手前(中級のみ)

(☆)大池いこいの森は通過です。100キロ弱くらいまで加速すると定時通過が狙えるようです。

大池いこいの森→うらがわら (おおいけいこいのもり→うらがわら)
トンネルの手前

(☆)登り勾配があり駅間距離も長いので、110キロまで加速します。

うらがわら→虫川大杉 (うらがわら→むしがわおおすぎ)
トンネルの手前
虫川大杉では待避線側のホームに停車するため、駅の手前から60キロ制限になっています。加速は80キロまでに抑えて、60キロ制限の標識が出たらブレーキを6に入れ、60キロへ減速しましょう。
残り120mでブレーキを6に入れ停車します。

(☆)速度制限はありません。

虫川大杉→ほくほく大島 (むしわおおすぎ→ほくほくおおしま)
トンネルの手前
下り勾配上り勾配のようですが、ブレーキはいつもどおりで特に問題はないようです。

ほくほく大島→まつだい (ほくほくおおしま→まつだい)
ほくほく大島発車時、加速に入る前に警笛をならさないと、減点されてしまいます。忘れずに警笛を!
儀明信号場で列車通過待ちのため、随時黄信号など(70→45→停止)が点灯します。とりあえずは70キロまで加速して、その後黄信号が点灯したらブレーキを3に入れゆっくり減速し、停止信号が点灯したら、信号場内にある停止目標に近づいてからブレーキを6くらいに入れ停車し、対向列車を待ちます。
信号場出発後は時間に余裕のあることが多いので、まつだい停車時には早めにブレーキをかけて時間を調整しましょう。

(☆)ほくほく大島発車時は忘れずに警笛を! 儀明信号場内も走行線を通過するので、速度制限はありません。120キロまで加速しましょう!(^^)

まつだい→十日町 (まつだい→とうかまち)
おおむね115キロくらいで走行します。110〜120の間の速度で走行するとよいでしょう。また、この先にある薬師峠信号場での速度制限はありません。
トンネル手前(1)
トンネル手前(2)
トンネル手前(3)
(☆)4つ目トンネル内にある薬師峠信号場手前(初級のみ)

信濃川を渡るあたりで100キロに速度を調整しておきます。
信濃川をわたったあとのトンネル手前
警笛を鳴らした直後にブレーキを6にいれ、60キロまで減速します。45キロ制限表示されますが、登り勾配なのでブレーキは3くらいでいいです。50キロを切ったらブレーキはいったん切りましょう。
十日町ホーム手前
残り60mで40キロくらいになってるはずですのでブレーキを6にいれて停車します。

ここまでくると、ボーナスゲームがあります


※ ここから先「直江津 5:52発越後湯沢行き(快速)」の説明については、
→こちらへ進んでください

十日町から終点六日町までは朝ラッシュの時間帯にかかるためなのか、ブレーキのききが鈍くなっています。通常の駅停車時のブレーキ操作については、今までの数値に+1してください。

十日町→しんざ (とうかまち→しんざ)
ここは駅間距離が短いので、残り300m地点まで加速し、その後すぐブレーキ操作を行います。

しんざ→美佐島 (しんざ→みさしま)
85キロまで加速します。
ホーム手前

美佐島→魚沼丘陵 (みさしま→うおぬまきゅうりょう)
途中にある赤倉信号場で対向列車通過待ちとなります。先ほど行った列車通過待ちと同じように操作します。ここの信号場の停止位置は少し遠いので、ブレーキ操作を早まらないよう気をつけましょう。はくたかとローカル列車の2本が通過していくさまはなかなかです(^^)。

魚沼丘陵→六日町 (うおぬまきゅうりょう→むいかまち)
85〜90キロくらいまで加速します。
下り勾配にさしかかったらブレーキを3にいれます。その後60キロ制限の標識がでますのでブレーキを6に入れ、60キロになったらブレーキを3くらいに弱めて徐々に40キロまで減速して、いったんブレーキを切ります。時間に余裕のある時はここで時間をうまく調節しましょう。時間がないときは、残り60mでブレーキを6に入れます。


「電車でGO!2 高速編」のページへもどる


直江津 5:52発越後湯沢行き(快速)の説明の続きです

十日町→しんざ (とうかまち→しんざ)
わりと手前から発車しているため、45キロ制限に引っかからないよう注意しましょう。定時なら85キロくらいまでの加速で定時通過になるようです。

しんざ→美佐島 (しんざ→みさしま)
しんざ通過後120キロまで加速しましょう!
ホーム手前

美佐島→魚沼丘陵 (みさしま→うおぬまきゅうりょう)
途中の赤倉信号場では速度制限はありません。魚沼丘陵通過時までに100キロに調整します。

魚沼丘陵→六日町 (うおぬまきゅうりょう→むいかまち)
下り勾配にさしかかったらブレーキを6に入れます。60キロになったらブレーキを3くらいに弱めて、徐々に40キロまで減速していったんブレーキを切ります。時間に余裕のある時はここで時間をうまく調節しましょう。ないときは残り60mでブレーキを6に入れます。

ここからは加速は基本的に85キロまでです

六日町→塩沢 (むいかまち→しおざわ)
しばらくは35キロ制限です。一つ目の踏切あたりで再度35キロまで加速しましょう。
二つ目の踏切
この先に85キロ制限があるので、加速しすぎないよう気をつけましょう。制限解除後も惰性走行を続け、駅構内に入ったら再度加速して定時通過を狙います。

塩沢→上越国際スキー場前 (しおざわ→じょうえつこくさいすきーじょうまえ)
上り勾配にかかるあたりまでに、95〜100キロくらいに加速します。上り勾配の表示がでたら惰性走行に入り、駅構内に入ったら再度加速して定時通過を狙います。ただし85キロ制限区間であることを忘れずに。
ホームに進入する直前

上越国際スキー場前→大沢 (じょうえつこくさいすきーじょうまえ→おおさわ)
惰性走行のまま進んで、大沢駅が近づいたら定時通過をねらうため加速します。ここも85キロ制限であることに注意!
♪ホーム手前

大沢→石打 (おおさわ→いしうち)
80キロを切ったら一度85キロまで再加速してください。速度制限解除後は100キロまで加速します。
ホームにさしかかったら70キロ制限に備えるため、ブレーキを6くらいに入れます。

石打→越後湯沢 (いしうち→えちごゆざわ)
トンネルの手前
制限解除後120キロまで加速します。
小さい橋の手前
このあとにある80キロ制限も100キロからのブレーキ8で、なんとか間に合うようです。
80キロに減速後もこの先に45キロ制限があるので、ブレーキを3くらいに入れて徐々に減速していきます。まともにいくと越後湯沢到着はかなり早着になるので、適当に時間調整してください(^^;;;。


直江津 14:16発越後湯沢行き
この列車の場合雨天走行ですので、いつもよりブレーキを強めに入れます。
まず残り500mまでに100キロへ減速し、残り500m付近でブレーキを5にいれ減速します。そして残り300m−85キロでブレーキを7にいれてください。その後40キロまで減速して残りの距離が80mくらいあるようでしたら、いったんブレーキを5〜6にゆるめます
最後は残り10m−15キロ−ブレーキ7で一気に減速し、状況に応じて停車直前にブレーキをゆるめて(手前で停車してしまわないよう)きっちり0m地点で停車できるよう調整してください。手前で停車してしまうと再加速を要求され、大幅に減点されてしまいます。

残り150mで60キロ、残り60mで40キロ、残り20mで20キロが適正速度です。それよりも速度がでていそうな時には迷わずブレーキを強めてください。特に高速域では一瞬の迷いが過走を招いてしまいます。早め早めにブレーキ操作を行うよう心がけてください。
また3秒以上早着してしまうと、次の区間で黄信号等が点灯してしまうことがありますので、あくまでも時間には正確に。

この路線の注意点(区間ごと)

直江津→黒井 (なおえつ→くろい)
出発からしばらくは35キロ制限なので、35キロまで加速後惰性で走行します。
関川手前の踏切
速度制限解除後90キロまで加速してください。黒井駅のホームにさしかかり、残り5秒:残り120〜100mくらいとなったら再加速をして定時通過をねらいます。先のことを考えると、ぜひ獲得しておきたいボーナスです。この3秒は結構大きいですよ。

黒井→犀潟 (くろい→さいがた)
90キロまで加速したら惰性走行に入ります。犀潟のふたつ手前の踏切(残り450m地点付近)あたりから、45キロ制限にそなえてブレーキを7にいれ減速します。50キロを切るくらいになったらいったんブレーキを切ってください。
残り60mでブレーキを7にいれて停車します。
ここで定時より遅れると、あとの区間に響いてくるので気をつけましょう。

犀潟→くびき (さいがた→くびき)
高速域では早めにブレーキをかけるよう心がけてください。ちょっとでも遅いと過走してしまいがちです。

くびき→大池いこいの森 (くびき→おおいけいこいのもり)
距離が短いので加速は85キロまでです。
トンネル手前

大池いこいの森→うらがわら (おおいけいこいのもり→うらがわら)
時間には若干余裕があるので、うまく調整して定時より2秒早く(3秒以上は不可)停車できればベストです。

うらがわら→虫川大杉 (うらがわら→むしがわおおすぎ)
トンネルの手前
ここははっきりいって時間が足りないです(T_T)。
95キロまで加速後すぐにブレーキを7に入れ減速してください。あとはいつもどおりですが、高速で走行している時間を少しでも長くできるようにすると、それほどダイヤから遅れません。
でもやはりgreat!を狙うには、わたしにとってほかの区間よりは厳しかったでした(泣き)。

虫川大杉→ほくほく大島 (むしわおおすぎ→ほくほくおおしま)
トンネルの手前
110キロまで加速します。上り勾配のようですが、ブレーキはいつもどおりで特に問題はないようです。

ほくほく大島→まつだい (ほくほくおおしま→まつだい)
ほくほく大島発車時は忘れずに警笛を! 途中速度制限はありませんので、遅れを取り戻すためにも120キロまで加速しましょう!(^^;

まつだい→十日町 (まつだい→とうかまち)
ここでも遅れを取り戻すため、115〜120キロで走行することになると思います。途中速度制限はありません。
トンネル手前(1)

信濃川にかかる橋に近づいて、トンネルの出口が見えてきたらブレーキを3〜4にいれ、徐々に減速をはじめます。信濃川手前で警笛を鳴らすのを忘れずに。この先にあるトンネルの手前までに100キロへの減速を完了しておきましょう。
信濃川をわたったあとのトンネル手前

警笛を鳴らした直後にブレーキを6にいれ、60キロまで減速します。45キロ制限表示されますが、登り勾配なのでブレーキは3くらいでいいです。50キロを切ったらブレーキはいったん切りましょう。
残り60mで40キロくらいになってるはずですのでブレーキを7にいれて停車します。
ここまでくると、ボーナスゲームがあります

十日町→しんざ (とうかまち→しんざ)
まず45キロ制限に引っかからないよう、気をつけましょう。ここは駅間距離が短いので、残り300m地点まで加速し、その後すぐブレーキ操作を行います。(ブレーキは6くらいからでよい)

しんざ→美佐島 (しんざ→みさしま)
85キロまで加速後、すぐにブレーキ動作に入ってください。
ホーム手前

美佐島→魚沼丘陵 (みさしま→うおぬまきゅうりょう)
途中速度制限はありません。ただし魚沼丘陵停車時のブレーキ操作は、いつもよりも早め操作&高速域ではブレーキ8入れで行ってください。下り勾配になっているからなのか、いつものブレーキ操作では間に合いません。

魚沼丘陵→六日町 (うおぬまきゅうりょう→むいかまち)
85〜90キロくらいまで加速します。
下り勾配にさしかかったらブレーキを4にいれます。その後60キロ制限の標識がでますのでブレーキを7に入れ、60キロになったらブレーキを4くらいに弱めて徐々に40キロまで減速して、いったんブレーキを切ります。時間に余裕のある時はここで時間をうまく調節しましょう。時間がないときは、残り60mでブレーキを7に入れます。

ここからは加速は基本的に85キロまでです

六日町→塩沢 (むいかまち→しおざわ)
しばらくは35キロ制限です。一つ目の踏切あたりで再度35キロまで加速しましょう。
二つ目の踏切
この先に85キロ制限があるので、加速しすぎないよう気をつけましょう。定時よりよほど遅れていなければ時間には余裕がありますので、停車時間をうまく調整してください。

塩沢→上越国際スキー場前 (しおざわ→じょうえつこくさいすきーじょうまえ)
85キロまで加速後惰性走行に入ります。可能なら定時通過を狙いましょう。
ホームに進入する直前

上越国際スキー場前→大沢 (じょうえつこくさいすきーじょうまえ→おおさわ)
惰性走行のまま進み、駅構内に入ったら定時通過をねらうために再度加速します。ただし85キロ制限区間であることを忘れずに。

大沢→石打 (おおさわ→いしうち)
速度制限解除後は100キロまで加速します。
ホームにさしかかったら70キロ制限に備えるため、ブレーキを6くらいに入れます。

※ 定時よりかなり早いペースで走行していると、石打駅手前にある踏切で事故イベントが発生します。発生条件の詳細はわかりませんが、塩沢駅に10秒以上早着し、なおかつ持ち時間が20秒以上あるときに起こるようです。
緊急信号が発光したら直ちにブレーキを非常の位置に入れてください。無事回避できればボーナス。激突すればペナルティで減点(15秒)です。
#わたしは非常ブレーキをかけるも時速80キロでトラックに激突!!(大汗) 見事減点くらっちゃいました(汗)。

石打→越後湯沢 (いしうち→えちごゆざわ)
トンネルの手前
制限解除後120キロまで加速します。ショベルカーみたいのが左手に見えたらブレーキを3に入れて、80キロまで徐々に減速します。
小さい橋の手前
80キロに減速後いったんブレーキを切りますが、この先に45キロ制限があるので、少ししたらまたブレーキを3に入れて減速します。まともにいくと越後湯沢到着はかなり早着になるので、適当に時間調整してください(^^;;;。


「電車でGO!2 高速編」のページへもどる