上越線・信越本線攻略法

まだクリアーしていない方は、参考にしてみて下さい。
「♪」は警笛の場所のことを簡略表記したもので、その場所の手前で警笛を鳴らすとボーナスが何秒かもらえます。

六日町 17:31発水上行き(115系)

直江津 9:31発長岡行き(115系)
六日町 12:12発上野行き(特急とき12号:181系)
直江津 5:58発越後湯沢行き(急行シュプール野沢・苗場:583系)


六日町 17:31発水上行き(115系)
特記のないものについては85キロまで加速します。
駅停車時は、残り300mで80km/hでブレーキを6に入れます。残り80mで40km/hより早い場合は、ブレーキを強めてください。

六日町→塩沢 (むいかまち→しおざわ)
二つ目の踏切
塩沢→上越国際スキー場前 (しおざわ→じょうえつこくさいすきーじょうまえ)
ここでの加速は80キロまでです。
ホームに進入する直前
上越国際スキー場前→大沢 (じょうえつこくさいすきーじょうまえ→おおさわ)
駅間距離が短いので、加速は50キロまででいいです。
残り120m地点でブレーキを6にいれます。
大沢→石打 (おおさわ→いしうち)
85キロ制限ですが通常どおり85キロまで加速してください。ただし制限解除後は加速はせず、そのまま惰性走行を続けます。
ここだけは残り330m地点でブレーキを6に入れてください。また停車時間には余裕があるので、時間調整もうまくやりましょう。
石打→越後湯沢 (いしうち→えちごゆざわ)
はじめは70キロ制限なので、加速は70キロまでです。制限解除後90キロまで加速します。途中下り勾配になりますが、そのまま惰性走行を続けます。
トンネルの手前
小さい橋の手前
80キロ制限の表示がでたらブレーキを6に入れ、減速します。80キロになったらブレーキはいったん切ってください。

直江津 9:31発長岡行き(115系)
90キロまで加速します。
駅停車時は、残り500mあたりから軽くブレーキを入れて減速し、残り300mで80km/hでブレーキを6に入れます。多少つっこみ目にいった方がいいようです。残り80mで40km/hより早い場合は、ブレーキを強めてください。
関川の直前にある踏切の手前で警笛を鳴らすと、3〜4秒もらえます。


六日町 12:12発上野行き(特急とき12号:181系)

六日町→塩沢 (むいかまち→しおざわ)
二つ目の踏切
途中85キロ制限があるので加速は85キロまでです。制限解除後再度85キロくらいまで加速して、定時通過をねらいます。
塩沢→上越国際スキー場前 (しおざわ→じょうえつこくさいすきーじょうまえ)
上り勾配にかかるあたりまでに、95〜100キロくらいに加速します。上り勾配の表示がでたら惰性走行に入ります。
85キロ制限の表示がでたら、ブレーキを6に入れてください。
ホームに進入する直前
上越国際スキー場前→大沢 (じょうえつこくさいすきーじょうまえ→おおさわ)
惰性走行のまま進んで、大沢駅が近づいたら定時通過をねらうため加速します。
大沢→石打 (おおさわ→いしうち)
速度制限解除後は100キロまで加速してください。
残り330m地点でブレーキを7に入れ減速し、石打駅構内の70キロ制限にそなえます。
石打→越後湯沢 (いしうち→えちごゆざわ)
速度制限解除後100キロまで加速します。
トンネルの手前
トンネルをでたあとにある踏切の手前
小さい橋の手前
勾配なしの表示がでたらこの先にある80キロ制限にそなえてブレーキを6に入れます。80キロになったらブレーキはいったん切ってください。
駅停車時は、残り330mでブレーキを7に入れます。残り80mで40km/hより早い場合は、ブレーキを強めてください。


直江津 5:58発越後湯沢行き(急行シュプール野沢・苗場:583系)

この路線の注意点(全般)
おおむね90〜95キロくらいで走行します。
基本的には各区間ごとの説明どおりに進めるとほぼ定時で通過できますが、いろんなところでダイヤから遅れて(進んで)しまう要因がありますので、下記表を参考にして走行距離の目安をつけ、臨機応変に加減速をしましょう。

残り10秒 残り20秒
95km/h
80km/h
250m
200m
450〜500m
350〜400m

駅に停車するときの基本
駅に止まるときは、まず停止位置までの距離が残り500mになるまでに、80キロまで減速しておきます。あとは以下を目安にしてみてください。
  • 残り300m−80km/h−ブレーキ8
  • 残り150m−60km/h−ブレーキ8(60Km/hからブレーキ操作を行うとき)
  • 残り100〜80m−40km/h−ブレーキ7

40キロになったらブレーキを7以下に、少しづつゆるめましょう。
また雪が降っているので、低速でのブレーキは効きがかなり鈍いです。低速域では晴れのときより2つくらい強くブレーキをかけましょう。

この路線の注意点(区間ごと)

直江津→黒井 (なおえつ→くろい)
関川手前の踏切
90キロまで加速してください。黒井のホーム手前にあるゆるいS字カーブの手前あたりから再度95キロまで加速して、定時通過をねらいます。

黒井→犀潟 (くろい→さいがた)
惰性走行のまま進みます。
犀潟からふたつ前の踏切(残り450m地点くらいにある)からブレーキを4にいれ、70キロくらいまで減速すると定時通過を狙えます。70キロくらいになったらいったんブレーキを切ってください。

犀潟→くびき (さいがた→くびき)
犀潟をでると60キロ制限がありますので、表示がでたら60キロへ減速します。上り勾配にさしかかったら加速し始めてください。ただし制限速度(特に60キロ制限)には引っかからないように。
60キロ制限が解除されたら95キロくらいまで加速し惰性走行に入ります。(定時通過に間に合わなそうなときは、途中で少し加速しておきます)

くびき→大池いこいの森 (くびき→おおいけいこいのもり)
惰性走行のままです。
トンネル手前

大池いこいの森→うらがわら (おおいけいこいのもり→うらがわら)
90キロへ加速後惰性走行に入ります。
トンネル手前
残り時間にもよりますが、だいたい残り200m地点から加速します。

うらがわら→虫川大杉 (うらがわら→むしがわおおすぎ)
85キロくらいならそのまま惰性走行です。残り500mまでに80キロへ減速します。
トンネルの手前
次は停車駅です!

虫川大杉→ほくほく大島 (むしがわおおすぎ→ほくほくおおしま)
トンネルの手前
90キロまで加速しそのあとは惰性走行に入ります。

ほくほく大島→まつだい (ほくほくおおしま→まつだい)
95キロへ再加速します。
残り700m〜600mあたりから、定時通過をねらうために95キロまで加速します。

まつだい→十日町 (まつだい→とうかまち)
95キロへ加速後ずっと惰性走行になります。
トンネル手前(1)
トンネル手前(2)

薬師峠信号場付近で80キロくらいになりますが、その後も気にせず惰性走行を続けましょう。
信濃川をわたったあとのトンネル手前
警笛を鳴らした直後にブレーキを5にいれ、50キロになったらブレーキをいったん切ります。(制限45) 残り80mでブレーキを7にいれて停車します。

ここまでコンティニューなしでくると、ボーナスゲームが始まります。

十日町→しんざ (とうかまち→しんざ)
定時なら75キロくらいまで加速します。

しんざ→美佐島 (しんざ→みさしま)
定時通過したなら95〜100キロくらいまで加速すると定時通過になるようです。
ホーム手前

美佐島→魚沼丘陵 (みさしま→うおぬまきゅうりょう)
美佐島通過後ブレーキを6にいれ、
黄信号点灯したらブレーキを3にいれ、(このへん他と同様)
その後80〜90キロへ加速します。(残り時間によります)

魚沼丘陵→六日町 (うおぬまきゅうりょう→むいかまち)
90キロくらいであれば、しばらくは惰性走行になります。(80キロくらいの時は90キロまで加速します)
(制限100)→90キロくらいならブレーキを7に入れ、60キロまで減速します。ブレーキを切ったあと、少しだけ加速して60キロにしておきます。
次は停車駅です!

六日町→塩沢 (むいかまち→しおざわ)
85キロまで加速します。
二つ目の踏切
定時くらいで走行していれば、塩沢駅ホームの手前からブレーキを5にいれ70キロくらいまで減速し、定時通過をねらいます。

塩沢→上越国際スキー場前 (しおざわ→じょうえつこくさいすきーじょうまえ)
90キロまで加速後惰性走行に入ります。(制限85)があるので85キロを超えていないか気をつけましょう。
ホームに進入する直前

上越国際スキー場前→大沢 (じょうえつこくさいすきーじょうまえ→おおさわ)
惰性走行のままです。
次は停車駅です!

大沢→石打 (おおさわ→いしうち)
(制限85)→85キロまで加速後惰性走行に入ります。
次は停車駅です!

石打→越後湯沢 (いしうち→えちごゆざわ)
トンネルの手前
制限解除後100キロまで加速します。
小さい橋の手前
ショベルカーみたいのが左手に見えたらブレーキを6に入れて、85キロまで減速します。(あとは惰性で80キロになる)(制限80)
80キロに減速後いったんブレーキを切りますが、この先に45キロ制限があるので、少ししたらまたブレーキを4に入れて減速します。(制限45) まともにいくと越後湯沢到着は少し早くなるので、残り100mあたりでブレーキを7にいれ、うまいこと時間調整してください(^^;。


「電車でGO!2 高速編」のページへもどる