大阪環状線(関空快速)攻略法

私なりの攻略法です。まだクリアーしていない方は、参考にしてみて下さいね。


この路線の注意点(全般)
103系と比べるとかなり性能がいいなと実感します。他の路線と同じような感覚で運転できることでしょう。
駅に止まるときは、80キロで、280mくらいまでにブレーキを7に入れる、もしくは60キロで、160mくらいまでにブレーキを6に入れます。雨天時は2割くらい多めに距離をとります。
(わたしにしては)結構ぎりぎりに距離を設定してあるので、あぶないと思ったらブレーキを8にいれた方がいいでしょう。
定時に通過するための目安として、残り10秒で、時速100キロのときは残り280m、時速80キロのときはのこり220mの地点であるというのをおおまかな目安にしていますが、あまりこの目安を使う機会がなかったりします(^^;。

この路線の注意点(区間ごと)

大阪→西九条 (おおさか→にしくじょう)
40キロまで加速後惰性走行します。車内放送のオルゴールが鳴り終わったところで再び加速すると、最初の通過駅の福島をちょうどよい時間に通過できると思います。
38秒で福島駅ホームの先端にくればOK! ただし福島駅構内は85キロ制限ですので、85キロ以上にならないよう気をつけます。
福島駅を通過し速度制限が解除されたあと、90キロちょっとまで加速し惰性走行すると、野田駅での定時通過もOKでしょうか。
野田駅通過後は100キロまで加速、残り500mの地点でブレーキを5にいれ、280m地点でブレーキを5→7にいれます。この時85キロくらいになっていても大丈夫です。

※ わたしの方法
福島駅を通過し速度制限が解除されたあとさらに加速を続けて、100キロまで加速後惰性走行に入ります。(野田での定時通過は捨てています)
残り500mの地点でブレーキを3にいれ、280m地点でブレーキを3→7にいれます。この時85キロくらいになっていても大丈夫です。
何でこんなことしてるかというと、こっちの方が電車を運転してるって実感できるからなんですよね。定時停車にはこだわってますが、定通にはあまりこだわっていないんです。

西九条→弁天町 (にしくじょう→べんてんちょう)
距離が短いので、加速は80キロちょっとまでにします。

弁天町→新今宮 (べんてんちょう→しんいまみや)
※ ここから雨が降ることがあります。
65キロまで加速します。境川信号場の手前で60キロ制限の警告がでますが、警告が結構ぎりぎりなので、すぐにブレーキを3にいれ減速します。上り勾配の途中なので、すぐに減速できます。ブレーキが強すぎて50キロくらいになってしまったときは、60キロまで加速しておきましょう。
木津川手前の背の高い橋の手前(手前にあるトラス橋と架線柱の間あたりが最適のようです)で警笛を鳴らすと、ボーナスがもらえます。60キロ制限解除後、80キロまで加速し、大正駅を通過後さらに110キロまで加速します。
芦原橋駅通過前に警笛を鳴らすとボーナスです。芦原橋通過後ブレーキを5(雨天時は6)にいれ、今宮通過時までに70キロまで減速します。(今宮での定時通過は捨てています)
今宮通過後にある下り勾配にさしかかるあたりからブレーキを3にいれ、新今宮手前にある60キロ制限に備えます。

新今宮→天王寺 (しんいまみや→てんのうじ)
80キロまで加速します。踏切付近にあるS字カーブの手前で警笛を鳴らすと、ボーナスがもらえます。踏切通過後60キロ制限に備えるため、(晴れていても雨の日でも)ブレーキを3にいれ減速します。


「電車でGO!2 高速編」のページへもどる