京浜東北線攻略法

私なりの攻略法です。まだクリアーしていない方は、参考にしてみて下さいね。今後もう1度くらい、改訂するかもしれません。


この路線の基本操作(各線にも共通する点があるかと思います)
基本的には、80〜85キロまでフルノッチで加速→惰性走行→減速・停車となります。おおむねこのスピードで走行していれば、通過駅にちょうどよい時間に通過できるようです。通過駅の前で、定時通過できるように速度を調節します。
また駅を通過するときに定時で通過すると、ボーナスとして5秒もらえますが、定時より遅れると遅れた分だけ持ち時間が減りますので、定時より2〜3秒くらい早く通過できるよう、時間には余裕を持ちましょう。
余裕があれば、駅構内での減速操作で定時通過できるはずです。あまり早く通過すると、減速信号とかが点灯すると思いますので注意が必要です。

ダイヤより(おそらく3秒以上)早く走行していると、70キロ制限の信号が点灯しますので、減速します。京浜東北線では、あわてる必要はないでしょう。
余談ですが、秋田新幹線でこれを点灯させると、まず減速は無理(110キロくらいで走行していることが多いので)で、ATSが作動して強制停車させられます。減点&ダイヤに大幅な遅れが生じて、まず全線クリアは絶望的になるでしょう。まあ、ATS作動させてしまって、全線運転するというのもおかしな話ですね。

また、青信号が点灯しているからといって、車掌さんからの安全確認の信号が点灯しないうちは発車してはいけません。これは誰かやりそう(とかいいながらついに1回やってしまった(^^;;)なので、気をつけて下さい。(多分10秒減点されるかと思います)

駅に停車するとき
駅に止まるときは、停止位置までの距離が残り180mくらいの位置になるまでに、ブレーキレバーを8に入れます。残り200mの位置で一気に8まで入れるとちょうどよいと思います。6とかではいけません。

ある雑誌に、いきなりブレーキを8に入れると急制動、みたいなことが書かれていましたが、これは低速時の話で、60キロ以上でているときには全く当てはまりませんので、思い切っていきましょう。 多分これは本物に対する知識のない人が書いたんで、誤解を招く書き方となってしまったんでしょう。結構6くらいで遠慮している人が多くて、雑誌の力は偉大だと思いました(苦笑)。

速度が落ちてきたら、ブレーキレバーを少しづつゆるめます。ブレーキのききは、前作に比べるとよくなっている感じです。そのかわり今回のものは、本物により近いものとなっているので、一度3くらいにゆるめたブレーキレバーを急に8とかに入れると、急制動ということであとで10秒減点されることがありますので、この点は前回入れ込んだ人は特に注意が必要です。
おおむね3から6くらいで操作するようにし、できるだけブレーキを切らないように(1くらいには入れておくとか)した方がいいでしょう。一度弱めたブレーキレバーを強めたいときは、少しづつ強くしましょう。
残り60mくらいの地点で40キロになるようにします。あとは上記操作で調整します。

(本物の電車で駅に近づいたときに、急にがくんとつんのめることがありますが、その状態を再現しているのです。これをやると乗り心地悪いので、減点は当然。前作の私が気になっていたところが改善されて、うれしくもありますね。)

非常ブレーキは使うと減点対象になります。

ボーナスゲームについて
京浜東北線では、東京駅到着後にボーナスゲームがあります。
前作と違い、特急電車を連結するためなのか、シビアになっています。
時速10キロくらいまで加速後、少し惰性走行させて、そのあとブレーキを4くらいに入れて減速し、衝撃をできるだけ少なくします。
なお前作と同じで一度停止してしまっても、持ち時間(計15秒)が残っていれば、再度加速して続けることができます。

以下各区間で気のついたところを列記しました。

品川→田町
75キロくらいまで加速します。途中で山手線と交差しますが、そこでの制限速度は50キロです。速度制限の表示がでたらブレーキを7に入れて、50キロまで減速しますが、上り勾配なので、55キロくらいになったらブレーキを切ります。あとは自然と47キロくらいに減速されると思います。
立体交差部を通過すると速度制限が解除されますので、75キロくらいまで加速します。あとはそのまま駅に停車します。こういう感じでいくと、ちょうどよい時間に到着できるでしょう。
田町→東京
浜松町までは75キロくらいで走行すると、ちょうど定時くらいに通過できるようです。
新橋までは、おおむね80キロくらいで走行していればちょうどよいと思います。ただ新橋を通過するときは、速度が60キロに制限されていますので、速度制限の表示がでたらブレーキを4くらいに入れて、駅構内にはいる前に速度を落としておきます。この時減速が早すぎると、次の有楽町通過の時間に遅れてしまいますので気をつけましょう。
通過ポイントをすぎても速度制限は解除されていないという点は、案外落とし穴になりそうなんで、気をつけましょう。
新橋を通過し速度制限解除後は、90キロくらいで走行しないと定時に間に合わないようです。また有楽町通過後すぐに、ブレーキを6から場合によっては8に入れないと、東京駅の速度制限(65キロ)に引っかかりますので注意します。
東京駅構内にはいる前に65キロまでの減速を済ませて、ブレーキレバーをいったん切っておき、残り170mくらいの位置(もっと手前でもいいかも)になるまでに、ブレーキレバーを8に入れるとよいようです。
東京駅に到着すると、ボーナスゲームがあります。
東京→上野
定時くらいで通過していれば、他の区間と同じように運転すれば、さして困るところはないでしょう。特に注意する点はないと思います。
ただ、東京駅に遅れて到着しているようだと、秋葉原までの余裕時間がほとんどないので、100キロくらいまで加速しないと、おそらく持ち時間がなくなってしまいます。もし100キロまで加速したときは、神田駅通過後直ちにブレーキレバーを8に入れます。

「電車でGO!2 高速編」のページへもどる