京浜東北線[横浜→品川]攻略法

私なりの攻略法です。たしになるかどうかわかりませんが、まだクリアーしていない方は、参考にしてみて下さいね。


この路線の基本操作
品川→上野間と同じと思いきや、若干違いがあるようです。
駅間距離が長いので、90キロまでフルノッチで加速→惰性走行→減速・停車が基本となります。
定刻より2〜3秒遅れの時は、90キロまで加速のところを100キロくらいまで加速したほうがよいでしょう。
余裕があれば、駅構内での減速操作で定時通過できるはずです。あまり早く通過すると、減速信号とかが点灯すると思いますので注意が必要です。

前の駅で定刻より3〜5秒早着の時は黄色信号(注意信号)が点灯(45キロ)する時があります。6秒以上早着の時は黄色信号ふたつ(警戒信号)点灯(25キロ)になります。
ダイヤより(おそらく3秒以上)早く走行しているときにも、70キロ制限の信号(青黄信号)が点灯しますので、減速します。京浜東北線では、あわてる必要はないでしょう。

駅に停車するとき
残り600m(次の停車駅の案内放送が入るのが600mです)付近でブレーキを3に入れ、70キロまで減速します。
駅に止まるときは、駅構内に入るまで(目安としては停止位置までの距離が残り300〜250mくらいまでに)に70キロまで減速しておきます。
品川→上野間と同じように残り180mくらいからでもいいのですが、直通運転を目指すなら、残り200mでブレーキレバーを8に入れておいて、低速域でうまく時間を調節した方がいいように思います(それだけのゆとりはあると思います)。残り220mの位置から一気に8まで入れるとちょうどよいと思います。6とかではいけません。

残り60mくらいの地点で40キロ、残り30mくらいの地点で20キロになっていればよいでしょう。

直通運転に挑戦しよう!
各駅停車時に、great!とかgood!とか(※)でることがあります。それらがでる条件は下記※のとおりなのですが、この路線では全駅をgreat!評価で終了すると、品川以東(以北?)上野まで引き続いて運転することができます。
品川に到着後いつもなら「全区間走破」と表示がでますが、そうでなく碓井峠のボーナスゲームが始まれば、直通運転成功になります。
また、1駅だけgood!評価が入っていても差し支えないようですが、2駅以上あるとだめなようです。わたしが確認したのは二駅連続(大森・大井町)good!が入った時で、やはりだめでした。

※ great!−−0mの位置に停車&到着時刻が定刻の±2秒以内
  good!−−0mの位置に停車する(到着時刻に条件はない)

以下各区間で気のついたところを列記しました。

横浜→東神奈川
80キロくらいまで加速します。駅手前にあるポイントが75キロ制限ですので、残り500mくらいでブレーキを1に入れて、徐々に減速します。
ホームに近づくまでに70キロまで減速しておきます。なぜかしらここの駅でのブレーキのききが悪い気がしますので、220mの地点でブレーキが8に入っているようにした方がいいでしょう。
東神奈川→新子安
ここも先ほどと同じです。80キロくらいまで加速し、残り500mくらいでブレーキを1に入れて、徐々に減速します。
横浜線と交差する前に踏切があります。その手前の右側に、なんかはいていそうなボックスの真横くらいで警笛を鳴らすとボーナスがもらえます。
新子安→鶴見
ここだったかな?(確認中)
90キロまで加速します。ちょうど立体交差の頂上付近で90キロに達しますので、そこまで加速します。下り勾配で加速されて95キロくらいになりますが、差し支えありません。
定時より遅れているときは、100キロくらいまで加速してもいいでしょう。また新子安到着時に、定時より2秒以上早かったときは、減速信号(70キロ)が点灯しないように、下り勾配でブレーキを入れて、90キロ以上にならないようにした方がいいでしょう。
鶴見→川崎
鶴見川にかかっている小さいガーター橋のところに警笛ボーナスがあります。橋の手前にある信号機通過直後に鳴らします。
川崎→蒲田
多摩川にかかる大きいトラス橋に警笛ボーナスがあります。橋の手前にある架線柱の、ふたつ手前とひとつ手前の中間くらいで警笛を鳴らします。
駅のかなり手前(550m)から、制限速度60キロとなっています。(電車区のある蒲田始発用の中線があり、そのためのポイントに速度制限があるのです)
残り1000mの地点で時速90キロくらいになっていると思います。ここでブレーキを4に入れます。これよりもう少し高速で走行しているときは、もう少し強め(5〜6くらい)にブレーキを入れます。60キロを切る前に、ブレーキを一度切っておきます(0に入れます)。
そのまま惰性走行して、残り150mを切ったところで7で(この時の速度は50〜55キロくらいだと思います)ブレーキを6か7に入れて減速しますが、蒲田では他の駅よりはあまり時間の余裕がないので、40→20キロの減速をできるだけ0mに近い位置で行うのがこつです(といって停止位置をオーバーしてはなんにもなりませんが)。

余談
この電車の最高速度は110キロのようです。それ以上は距離がなかったので確認できませんでしたが、加速ののびは期待できないようです。


「電車でGO!2 高速編」のページへもどる