東海道線攻略法

私なりの攻略法です。ここもおまけみたいなもの……なのかな?


この路線の注意点
停車駅はひとつしかないし、途中の定時通過狙いとかもないので、気楽に運転できます。運転速度については113系,211系は100〜105km/h,215系は105〜110km/h,185系は115〜120km/hで走行していればちょうどよいようです。速度を出しすぎると減速信号(70キロ信号)が点灯しますので、気をつけましょう。以下全ダイヤ共通です。

ブレーキ操作については下記リンク先を参照してください。

品川 6:33発小田原行き(113系)
品川 13:07発伊豆急下田・修善寺行き(踊り子111号:185系)
品川 15:48発熱海行き(快速アクティー:215系)
品川 17:51発小田原行き(211系)

品川 13:07発伊豆急下田行き(スーパービュー踊り子1号:251系)


品川→川崎
100キロまで加速したあと、横須賀線の下をくぐってでたあたりからブレーキを6(雨天時は7)にいれ、先にみえる小さい橋までに90キロまで減速します。
制限解除後、それぞれの走行速度まで加速・惰性走行を繰り返します。踊り子号(185系)については蒲田通過後は加速せず、惰性走行で徐々に減速していきます。

警笛♪ それぞれの地点の手前で警笛を鳴らすと、ボーナスが入ります。
大井町橋上駅舎♪ 大森橋上駅舎♪ (大森駅通過後の最初の踏切♪ 蒲田橋上駅舎♪ 多摩川橋梁♪ ※左記3つについては、211系ではボーナスとなりません) 川崎駅進入時♪

川崎→横浜
まず100キロまで加速し、しばらく惰性走行します。その途中の鶴見川橋梁で警笛を鳴らして、ボーナスをゲットしましょう。鶴見をすぎ、鶴見線との立体交差が近づくと90キロ制限の指示がでますが、すでに90キロに近いので、少しだけブレーキをいれ90キロにします。
制限解除後、それぞれの走行速度まで加速・惰性走行を繰り返します。川崎で定刻から遅れたときには、ここでがんがん行って時間を稼ぎましょう! 踊り子号(185系)については新子安通過後は加速せず、惰性走行で徐々に減速していきます。
横浜駅進入前に警笛を鳴らすと、警笛ボーナスが入ります。


ブレーキ操作については

品川 6:33発小田原行き(113系) 品川 13:07発伊豆急下田・修善寺行き(踊り子111号:185系) ともに

残り600m−90km/h−ブレーキ3(80km/hまで減速したらブレーキ切り)
残り350m−80km/h−ブレーキ6
50キロくらいから、少しづつブレーキをゆるめて2〜3くらいにし、残り距離が少なくなったら6か7にいれ、一気に停止します。

品川 15:48発熱海行き(快速アクティー:215系)  品川 17:51発小田原行き(211系) ともに
残り1000m−100km/h−ブレーキ3(雨天時・夕方は4)
残り 400m− 80km/h−ブレーキ6(雨天時・夕方は7)
50キロくらいから、少しづつブレーキをゆるめて2〜3くらいにし、残り距離が少なくなったら6か7にいれ、一気に停止します。


品川 13:07発伊豆急下田行き(スーパービュー踊り子1号:251系)
まず95キロくらいまで加速し、しばらく惰性走行します。90キロ制限が解除されたら115キロまで加速し、あとはずっと惰性走行です(^^;。
残り500mくらいから加速し(90キロくらいまで)川崎駅に近づいたら警笛を鳴らし、定時通過を狙います。このとき3秒以上早く川崎駅を通過してはいけません。川崎駅通過後も加速し最終的には105キロくらいまで加速して、また惰性走行に入ります。
鶴見川橋梁で警笛を鳴らしてボーナスをゲットし、鶴見をすぎ90キロ制限が解除されたら再度115キロまで加速して、また惰性走行に入ります。

残り800m−100km/h−ブレーキ3
残り400m− 80km/h−ブレーキ4〜5
とブレーキをかけてゆき、その後駅構内でもブレーキは4くらいにして、比較的速い速度で駅構内を走行します。
残り距離が40〜30mくらいになったら少し強めにブレーキをいれて、減速し止まります。

警笛♪ それぞれの地点の手前で警笛を鳴らすと、ボーナスが入ります。
大森橋上駅舎♪ 蒲田橋上駅舎♪ 川崎駅進入時♪ 鶴見川橋梁♪

暴走しちゃためですぅ!(Byてっちゃん(*^^*))
スピード狂におすすめ!(^^;
品川にある90キロ制限解除後に120キロまで加速する以外は、蒲田まではおなじです。そうでないと蒲田通過後に、はやくも70キロ減速信号が点灯してしまうんですよ(^^;。川崎まで残り1300mくらい(右カーブにさしかかるあたり)まで近づいたら加速開始! 川崎駅を30秒早く通過することを目標にしましょう!(爆)
川崎駅には120キロくらいで突入しますが、そのときにブレーキを7〜8にいれ、駅を通過するまでに80キロ以下に減速しておきます。そうしないと川崎駅通過後に点灯する、70キロ減速信号に対応できなくなるので気をつけます。
その後45キロ注意信号(黄)→停止信号(赤)と点灯します。停止信号が点灯したら時間を無駄にしないため、なるべく速やかに停止します(ブレーキ8許可!(笑))。
すぐに出発信号(青)が点灯しますので、とりあえずは95キロくらいまで加速し鶴見線との立体交差部の速度制限に備え、制限が解除されたらいよいよ本番!(笑) 135キロまで加速です!!
あとは残り700mでブレーキを8(120km/h)にいれ、ひたすら止まるのを祈りましょう(^^;。止まらなければ、ご臨終です(おい!)

「電車でGO!2 高速編」のページへもどる