山手線攻略法

私なりの攻略法です。たしになるかどうかわかりませんが、まだクリアーしていない方は、参考にしてみて下さいね。


この路線の基本操作
京浜東北線と基本的には同じです。
75〜80キロくらい(駅間距離によります)まで加速し、そのあと→惰性走行→減速・停車となります。
余裕があれば、駅構内での減速操作で定時通過できるはずです。あまり早く通過すると、減速信号とかが点灯すると思いますので注意が必要です。
品川以降は順調にいっているときは、雨がふることがあります。ただし新宿に着く前には雨はあがります。

前の駅で定刻より3〜5秒早着の時は黄色信号(注意信号)が点灯(45キロ)する時があります。6秒以上早着の時は黄色信号ふたつ(警戒信号)点灯(25キロ)になります。
ダイヤより(おそらく3秒以上)早く走行しているときにも、70キロ制限の信号(青黄信号)が点灯しますので、減速します。

駅に停車するとき
駅に止まるときは、停止位置までの距離が駅構内に入るまでに70キロまで減速しておきます(目安としては残り300mくらいまでに)。90キロ走行時は残り600mでブレーキ3ではお客が多いせいなのか、少しききが弱いようです。4くらいに入れた方がいいように思います。
こちらも残り180mくらいからでも間に合うのですが、山手線では各駅間の時間に比較的余裕があるようですので、残り200mでブレーキレバーを8に入れておいて、低速域でうまく時間を調節した方がいいように思います。残り220mの位置から一気に8まで入れるとちょうどよいと思います。
また上級の路線なので、雨が降ることもあります。この時は220mでブレーキが8にはいっているようにします。

残り60mくらいの地点で40キロ、残り30mくらいの地点で20キロになっていればよいでしょう。

以下各区間で気のついたところを列記しました。

新橋→浜松町
浜松町駅構内は上り勾配になっているので、ブレーキを他の駅より少しゆるめにします。
浜松町→田町
田町駅の進入速度は60キロですので、75キロまで加速後ブレーキを3くらいに入れて少しづつ減速します。
田町→品川→大崎
この区間は駅間距離が長いので、90キロくらいまで加速します。
定時より遅れている時は、上記区間に限って90キロ以上まで加速してもよいが、客が多いせいなのか高速域でのブレーキの利きが鈍いので、きちんと減速できるよう考えておく必要があります。
大崎→五反田
大崎出発後すぐ左側に工事のおじさんがいるので警笛であいさつします(ボーナス地点)。
目黒→恵比寿
山手貨物線(埼京線)との交差地点の少し手前で警笛を鳴らします(ボーナス地点)。
恵比寿までコンティニューなしでくると、ボーナスゲームが始まります。
渋谷→原宿
少しすすむと左側にまた工事のおじさんがいるので、警笛であいさつします(ボーナス地点)。
原宿駅は65キロ制限なので、少し早めに減速しておきます。60キロくらいまで減速してもいいでしょう。残り150mまでに60キロに減速して、ブレーキを7に入れます。雨天時はブレーキを8に入れるといいでしょう。
原宿→代々木
代々木は残り5m地点くらいから下り勾配になっていて、ぴたり停車するときに気をつけないとはみ出してしまいます。
ブレーキを3あたりから徐々に強く入れ、6か7に入るようにすると、滑っていくようなことはないと思います。
代々木→新宿
新宿駅は65キロ制限ですが、60キロまでの加速でいいです。

「電車でGO!2 高速編」のページへもどる