中日ドラゴンズ1998

なんと川上が新人王に! 平成10年10月29日(木)
とれると思ってなかったのでちょっとびっくりですが、でも個人的には川上にと思ってたので、やっぱりうれしいですね(^^)。
一般的に野手の方が印象も強いし、高橋選手は3拍子そろったいい選手だし、巨人だし(^^;、客観的にみたら高橋かなぁと自分のなかでは思っていた(爆)のですが、ふたを開けてみると予想外の大差でしたね。
優勝争いしてたなかで1年とおして活躍したのと、あの援護の望めない打線(^^;;;のなかで14勝あげたのはとても価値があるし、それに直接対決で高橋を1安打に押さえこんだのが、記者の票をぐいっと引っ張ったのかもしれませんね。

忙しかったので更新がとぎれてしまいましたが、近いうちにこの下にある「首の皮」の続きの話や、彦野選手(;_;)の話をしようと思います。

首の皮はまだつながっているぞ! 平成10年9月15日(火)
今月に入り底に近い状態の中日は、よりにもよってこんなときに6連勝で好調の巨人との2連戦だったわけですが、なんと連勝し、天王山(その1)で(しかも本拠地で)3連敗したにもかかわらず、いまだ横浜への挑戦権を持ち続けているのであります。
ただそうはいっても、来週火曜日からの天王山(その2)では、2勝1敗が最低ラインですな。天王山はその3まであるわけなんで、3連勝するに越したことはないですが、2勝でもまだ望みはあるでしょう。
ただこの時期いつも思うのは、競っているときの首位決戦くらいテレビ中継してくれよ!ってことです。対巨人戦も終わってしまったので、昨日で今シーズンのテレビ中継は終わってしまいました。もう今シーズンの戦いがみられないっす。

やかましい、だまれよ(ぶちっ)
これはあまり関係のない話で恐縮なんですが、相も変わらずいまだ巨人優勝などというばかな話を耳にします。ベイスターズとの負け数の差が10以上もあって、残り試合も20を切ってるチームのどこにそんな可能性があるというんでしょうかね。0とはいわないけど、ほとんど0でしょう。冷静に分析すれば、8月のはじめにすでに終戦を迎えているんですけどね。
ファンがそう願うのはおかしなことじゃない(というより普通はそういうものでしょう)からいいのですが、テレビ等で望みのないチームをさんざ持ち上げて、洗脳しないでいただきたいものですな。これからは巨○心理教と呼ぶぞ(笑)。

もうすぐマジック点灯か? 平成10年9月10日(木)
ベイスターズがですが(ああ、なんかむなしい)。
本拠地での首位決戦で、よもや3タテされてしまうとは(泣)。ここ何年か中日の試合をみていると、どうも本拠地でのここ一番!の戦いに弱いんですなぁ。ファンの多大なる期待がプレッシャーとなってしまい、その重圧に耐えきれず、押しつぶされている感じを受けます。たしかに名古屋の人の応援の熱の入り方といったら、凄いですからね。
必要以上に固くならずに、うまく力を引き出してくれればよいのですが……。
こうなってしまった以上は、9月中旬くらいに復帰できそうな李選手に期待するしかない!! もはや彼しかこの窮地を救ってくれる人はいないのだ! その彼の明るさで、チームを引っ張っていってほしいものです。

前回の時にひとつ忘れてましたが、走る野球ということで盗塁が増えたのはもちろんなんですが、これにともなって、もう一つ先の塁を果敢に狙うという、記録には残らないのですが、今までの中日ではあまり見ることのできなかったスピーディーな野球を見ることができて、今シーズンは満足した試合が多かったです。(あいもかわらず打てないのは別として(^^;)
積極果敢な走塁で、ナイスな走塁の場面をよくみましたし、本塁でのクロスプレーもうまく滑り込んでキャッチャーのタッチをかいくぐり、きれいに(?)にホームインする場面が多くてよかったです。

今年好きになった選手とか
まずなんといっても李選手でしょう!
彼は中日の野球をがらっと変えてくれた、中心ともいえる選手でしょう。
中日に走る野球をもたらしてくれましたし、そのなんといったらいいか、どん欲な、ファイティングスピリッツを持っているいい選手ですね。走塁とかみると特にそう感じます。
せっかくいい走塁したのに、(本当はセーフなのに)審判にアウトを宣告されたときのくやしそうなことといったら。私たちの気持ちを代弁してくれているかのようで、なかなかいいじゃないですか。
中日には立浪をはじめとして、おとなしい、ちょっとクールな感じの選手が多いですから、何か活気がでてきたような気がしました。(特に4月は李選手が好調だったのもあって、特にそう感じた)
またみていて楽しいというか(いい意味で)、よくエラーとかもしてますし。いわゆるやんちゃ坊主というやつですか(笑)。

じつのところ、はじめは久慈・南渕をとったそのあとで、李までとって、誰がショート守るんだろうかという疑問がありました(立浪は当然セカンドだと思っていましたし(T_T))。そうしているうちに、立浪の左翼コンバートの話がでてきたりして、李なんかいらないよ〜(もしくは李を外野にしてくれとか)と思ってしまった、ふとどきなやつです(大汗)。(でも立浪はやはり内野に〜)
ただ南渕選手はかわいそう……李選手がいない今、久慈ばかり使わないで、彼と併用すればいいのに。代打だけではなく、それだけのものをまだ十分持っていると思います。

あと関川選手!ファンになりました(^^)。
背番号が23というのもナイス!!ここのところまた調子を上げてきましたし、3番打ってますし(^^)。走攻守そろっていて、チャンスにも強くて良い選手です。目指せ3割!3ホームラン!(笑)。

平成10年8月16日(日)
いっぱいあるので、いくつかに分けさせてもらいました。

中日について今思ったこと
今年の中日打線は12球団1をあらそう貧打のチーム(^^;となってます(それ故恐竜打線と呼べない(汗))が(最近はそうでもなくなってきてますが、相変わらず満塁には弱いし(苦笑))、それを補ってあまりある投手陣! 守りの堅さ! それと試合運びのうまさ! すばらしいですわ(爆)。
しかし今年は、大幅にメンバーかわったあとだし、ピッチャーも昨年のことを考えると、山本と宣しか頼りにならなそうな気がしてたので、正直そんなに期待してはいなかった(汗)のですが、改革一年目でここまでやるとは! さすがは星野監督です。(まあ、これで改革に失敗してたら、監督の首が危うかったかな(大汗))
采配もズバリで、投手のかえ時もそうですが、守備固めでもかえ時が絶妙! 大西、山口の好守にも何度助けられたことか。この堅い守りはとても頼もしいです(去年が去年でしたし(汗))。
1点を大切にする野球の醍醐味を、十分と堪能させてもらってます(^^)。

あと一つ寂しいのが彦野選手。ファームでくすぶってないで、ぜひ一軍で!勝負強い打撃を披露していただきたいな。

なつかしき恐竜打線に想いを馳せて〜(^^;
一昨年の恐竜打線(3割打者・ホームラン打者・勝負強い打者ずらりの)
コールズ、鳥越(^^;、立浪、パウエル、音、山崎、大豊、中村
も魅力的でしたが、いまのようなつなぐ打線も悪くないなと思う今日ごろごろ(爆)……じゃなくて、このごろです(ごろごろしてどうする(^^;)。
どんなに強力な打線でも、良い投手にあたると沈黙してしまいますしね。(かつての恐竜打線もそうでした(^^;;;)
ついでに言うと、もっと昔のもよかったですな。
彦野、立浪、ゲーリー、落合、宇野、仁村弟、川又、中村。
なんか落合が移籍してきてから、あのうーやんをはじめ、みんな落合もどきな打法になったのもおもしろかったし(笑)。
うーん。こうしてみるとえらく破壊力のある打線ですな、このときのも。

川又さんの解説について(^^)
川又さんなかなかいいよ(^^)/
今まで2回テレビで解説をしましたが、6月の初解説の時は、はじめてのテレビでの解説というのもあってか、ちょっと緊張してるかなぁという感はやはりありました。でも結構いろいろと、中日のこととかしゃべってくれてましたね(^^)。
そのときには現役時代の話とかも聞けてgood!でした。そしてわたしはその日の放送を、標準で録画してました(爆)。いまでもはじめの30分くらい残してあって、何回も見てたり聞いてたり(核爆)。
まだしゃべりがいまいち滑らかじゃなかったり、言葉につまってたりします(^^;けど、けっこういろいろと話をしてくれるので、何回か数をこなして慣れてくれば、いい解説してくれそう!

サンデーユニフォームについて
正直に言いましょう。最初みたときにははげしい違和感を感じて、合わないなぁと思ってました(汗)。でもある程度見慣れてくると少しは慣れてくるものですね。
ただわたしは、やっぱり今までのユニフォームの方が好きです。なんかちょっと安っぽく見えるの。(はじめのうちは、このユニフォームの日に限って負けてましたし(爆))

やったぜ2連勝!平成10年7月30日(木)
ナゴヤドームにベイスターズを迎えての決戦!ここで連勝して、はじめてベイスターズとの優勝あらそいをする資格があると思ってましたが、やってくれました。これで3ゲーム差にまで縮まりました。
最近になってようやく、投手を見殺しという場面が少なくなってきて、投打がかみ合ってきている感じがするです♪ 目標に向かって、チームがひとつになってるというものを感じます。でも欲をいえば、もう少し打ってもいいかなぁって。まだ数少ないチャンスをつぶしていることも多いですし。
さあ、8月の試合が楽しみになってきたぞ(^^)/

> 近いうちに、4月と5月についての感想とか、円山球場へ行ったときの
> 感想とか書くはずです。

はは(^^;。どうしよう(大汗)。4月のことについてはともかく、5月のことなんてもう忘れてしまいました。はやく書かんからですな。

円山球場へ行ったときは、うまいこと応援の燃えているところに陣取ることができました。今まではちょっとはずれたとこに陣取って、いまいち燃えそこなっていたんですが、今回はほんと良かったです。それに勝ちましたし(^^)/。
でも川又選手もいないし、彦野選手もいない(ファームにいる(涙))しで、数年前よりは少しボルテージは下がってるのかも(汗)。猛烈に入れ込んだ選手がいないと、いまいち寂しい……。

李選手のことについても書きたいんですが、それは次回へ持ち越したいと思います(^^;;;。

平成10年6月16日(火)
「またピッチャー見殺しかよー。」と思いながら巨人−中日戦を見ていたところ、9回表貧弱な巨人リリーフ陣のおかげで同点。そして、ゴメスの満塁本塁打で一気に勝ちを決めました(^^)。でも一番の殊勲者は、やはり同点の押し出し四球を選んだ山口でしょう。
山口がガッツポーズしてましたが、わたしもしてたぞ(^^)。あれで、今日はもし勝てなくても悔いはないと思ったすね。明日につながる、野口の好投に報いることができたと、あの時点で思いました。

ところで今月は打線が湿りっぱなしで、先発投手がかわいそうです(泣)。山本・今中の調子ももどってきて、先発・中継ぎ・抑えともに充実しているにもかかわらず、打線の援護がなくて何度先発投手を見殺しにしてきたことか(苦笑)。
長打はないのはいいとしても、好調な選手がだれもいないから、ヒット自体少ない。ともかく打てない。これにつきますね。
(3番の井上は好調らしいけど、ランナーをおいたときに打っているのをあまり見ないので、そういう印象があまりないし(汗))

前向きに考えれば、この時期打線が湿ってるということは、夏にピストル打線(^^;が爆発で、調子のいい投手陣(それまで好調を維持できるかな?)と相まって、一気に優勝候補に☆ とうまくいけばいいなぁ。
なによりいまのところ大きな故障者がいないというのは期待が持てます。

2月のわたしの予想と今日のオーダーとの比較。

1番 センター  李
2番 ショート  久慈
3番 セカンド  立浪
4番 サード   ゴメス 
5番 ライト   関川
6番 ファースト 山崎
7番 レフト   益田
8番 キャッチャー中村
9番 (ピッチャー)

1番 ショート  李
2番 セカンド  久慈
3番 ライト   井上
4番 サード   ゴメス 
5番 レフト   立浪
6番 ファースト 山崎
7番 センター  関川
8番 キャッチャー中村
9番 (ピッチャー)

代打 愛甲、南渕、神野、山口、大西(もう一人)
先発 山本、今中、門倉、野口、川上
中継ぎ 遠藤、日笠、正津(もう一人)
押さえ 宣、落合

投手陣の顔ぶれが、がらっと変わっていますね。それでいて、これだけ安定しているなんて!去年山本と宣の二人しか計算の立つ投手がいなかったことを考えると、もうほくほくな感じ(^^)。さらに、中山、古池、前田、大塔、それにジャービスといったところがファームにいるんですよ。

スタメンは打順・守備位置が入れ替わっているくらいで、余り変化はないですね。みんな不調みたいなものなんで、あまり打順に不満はないなぁ(苦笑)。できればいまいち打撃好調でない久慈選手より、南渕選手を10試合くらい使ってみてほしいです。気がつけば、益田はファームですか(苦笑)。

個人的には彦野選手が控えていないのは寂しい限りです。代打陣も去年と比べるといまいち頼りないなぁ。川又選手の相手投手に与える威圧感はすばらしかったとつくづく思う今日この頃。
あと、関川選手がセンターというのもちょっとびっくりな感じです。関川選手って捕手出身なのに、外野守備ほかの選手よりうまいのかな。わたしは関川選手5番というのに賛成ですが、今の調子では7番でも仕方なしですね。5番に復帰する日を期待しよう。でもそうすると、立浪は何番?うれしい悩みだ(^^)

近いうちに、4月と5月についての感想とか、円山球場へ行ったときの感想とか書くはずです。

平成10年2月25日
4月までに中日のページの構成を若干変更する予定でしたが、開幕オーダーの予想時期を逸してしまいそうだったので、とりあえずわたしの中での開幕オーダーをちょいと。(平成10年2月25日現在)。
新人は、オープン戦の結果見てからですかね、とりあえずは。
開幕前にもう一度予想してみます。その時にこのページちゃんと作り直せるといいな(苦笑)。

1番 センター  李
2番 ショート  久慈
3番 セカンド  立浪
4番 サード   ゴメス
5番 ライト   関川
6番 ファースト 山崎
7番 レフト   益田
8番 キャッチャー中村
9番 (ピッチャー)

代打 愛甲、彦野、音、南渕、荒木、井上
先発 山本、今中、門倉、落合、古池
中継ぎ 遠藤、野口、前田、大塔
押さえ 宣、中山

でも守備位置は久慈→立浪→益田→李→久慈となるんだろうな(泣)。立浪のレフト絶対反対!!久慈との二遊間コンビをぜひに!!!

中日ドラゴンズ1997へ(後半のみ)(この年6位(T_T))


ましゅうらんど入口へ