中日ドラゴンズ1999(No2)

9月の月間MVP発表 平成11年10月6日(水)
野口とゴメスでした(^^)。
野口は4勝(うち2完封)防御率1.67。ゴメスは 打率.350 本塁打6 打点26。両選手とも終盤の優勝あらそいに貢献し、なおかつ好成績をあげたというところが評価されたようです。
今シーズンのMVPも、上原じゃなく、中日から選ばれるといいんだけどなぁ。野口も今現在19勝をあげてますけど、上原はルーキーで20勝ですからね。これはこれで、ものすごいことですよ。
記者たちの票が中日の各選手たちにわれて、結局上原が受賞なんてことにならなければいいのですが、なんとなしに上原が受賞してしまいそうだなぁ(T_T)。

※ ここからしばらくは、本人不在により後日まとめての掲載となりましたが、文面はその時に思ったことを新鮮なうちにメモしておいて、それをもとに作成しています。

川又さんが、ビールかけに! 平成11年10月1日(金)
ズームイン朝のスポーツコーナーは、いつもは巨人のためのコーナーですけど、さすがにこの日ばかりは違いますぜ! もちろん中日色に染まってましたが、ビールかけの映像中に川又さんが!! しかも参加してるぅ!さらに星野監督にインタビュー! 思わずまた涙ぐんでしまいました(;_;)。

さてさて、このあと昼休みにスポーツ新聞を1紙、随分とひさびさに買ってみましたが、この日の夜札幌にもどってから、さらに別のを2紙も買ってしまいました(笑)。もうこれは、きっちり保存しておかねば(^^;。あとは胴上げの瞬間を録画できなかったから、ビデオが発売されたら買ってみようかな。
それと今年の日本シリーズは、全試合録画しておかなくては! (でもシリーズに負けちゃったら、テープを他に転用するかも(^^;)

悲願達成!! 平成11年9月30日(木)
胴上げの瞬間は、リアルタイムで見させていただきましたぜ!(←ここ重要!(笑)
ひさびさにあの感覚を味あわせていただきましたが、ありゃいいもんですなぁ(しみじみ)。優勝するのって、こんなにいいものだったんでしたっけ……(しみじみじみ)。

火曜日に上原で試合を落としてしまってから、すっかり覇気のなくなってしまった巨人が先に負けてしまい、こちらの試合中に優勝が決まってしまったのはちょっと残念でしたが、そのあとは負けていた今日の試合を中日がひっくり返して逆転し、その試合を勝って胴上げできたから、すべて水に流そうぞ!

それにしても球場の勢いが、応援の盛り上がり方が、もう地鳴りみたいになっていて、ここ近年みることのなかったくらいすごい盛り上がり方で、うれしかったです(^^)。感動的です(^^)。
井上のタイムリーで久慈がホームインしたとき、3塁内野側にもファンとおぼしき人がいっぱいテレビに映っていて、もう総立ちになってましたね! 8月にわたしが神宮球場に行ったときは、まだそんなに内野席にはファンがいなかったですから、ほんとにすごいっす。

9回は今年の黄金リレーを再現! 8回から続投の落合→サムソンと順調にバトンがわたり2アウト! 最後のひとりを宣で締めくくっていよいよ胴上げ! と思ったら、またしても宣が…(^^;(そこまで再現しちゃいやん)。ランナーをふたりためてしまい、スワローズ恐怖の4番ペタジーニに回してしまいました。
そのペタジーニに対する初球、渾身のストレートを投げ打ち取った瞬間、宣がガッツポーズしてましたが、わたしはその時飛びあがってましたよ(^^)/。

胴上げ後の星野監督のコメントも、すばらしくよいものでした。特にこの部分が感動です!
「みなさんの辛抱が、声援が、選手を奮い立たせ、今みなさんに感動を与えている。この選手たちに拍手を送ってやってください!」(ちょっと間違ってるかもしれませんが、こんなようなことをいっておりました。)
過去に非常に惜しいところで、何度も優勝をのがしたファンにとって、もう、感動せずにはいられません。最高です!星野監督!(号泣)。

そして最後に
ナゴヤドームでの日本シリーズ胴上げで、星野監督の夢は完結します。
ぜひとも亡くなった奥さんのためにも、この夢を星野監督に完結してもらいたいです!

ばくちは半分成功(^^; 平成11年9月30日(木)
ばくち(^^;で仕掛けたビデオのタイマー録画予約には、巨人が敗れて優勝が決まる瞬間から、井上選手が逆転タイムリーをはなったところあたりまでが収録されてました。胴上げの瞬間は、残念ながら録画されてませんでしたが、優勝決定の瞬間はリアルタイムでみることができたですし、一応の成功はみたといったところでしょうか。
うーん、でもやっぱり自宅でゆっくりと、この瞬間を味わいたかったですな。
ただ中継では、胴上げのシーンがあまり映されていなかったのは、ちと残念でした。(なぜか名古屋のビルとか、ファンでいっぱいのナゴヤドームの映像が多かったような)

ナゴヤドームでは(いくら無料開放だからといっても)試合をしているわけではないのに 40500人も集まってて、なおかつドームに入りきれない人もいっぱいいたとかで、やっぱり地元はすごいっすね(^^)。
しかし優勝決定後のナゴヤドームは、あのあとわやでした(苦笑)。うれしい気持ちは分かるけど、ファンがグラウンドに入っちゃいかんよ。ナゴヤドームは無法地帯みたいになって、またしても全国に、ドラゴンズファンの恥部をさらしてしまいました(苦笑)。あのあたりは中日ファンの悪いところで、一部の巨人ファンよりもたちが悪そうです。
(毎度のことになりつつある気もするので)ぜひとも猛省していただきたいところです。

ところで明日のスポーツ新聞の一面は大丈夫なんだろうかなぁ。東海村で大きな放射線がらみの事故が起こってしまいましたけど。「スポーツ」新聞だから大丈夫だと信じて、眠りにつくこととしよう。どうも中日が優勝する時って、なんだかついてないことが起こる(ある)気がする(苦笑)。
ついてないといえば、この重要な局面にきてめざましい活躍をしていた山崎選手が、左手首骨折で全治6週間、日本シリーズ絶望……(号泣)。これには大ショックですが、しかたがありません(泣き)。山崎選手に幸多からんことを。

※ ここまでの分は、10月14日に載せました。

ついにマジック1 平成11年9月29日(水)
もう何連勝したんだろう(注:7連勝でした)。いわゆる優勝に向かってばく進するチームの勢いってやつですな(^^)。この勢いですと、明日にも優勝が決まりそうですが、もし決まるなら、ぜひ先に中日が勝って決めてほしいところです。そのためには、巨人にもがんばっていただかなくては(^^;。
こんな大事なときに、自宅でゆっくりみられない、もしかすると、その瞬間すらリアルタイムでみれないかもしれない、とっても悲しいです(T_T)。

でも出発前に、こんな事もあろうかと(笑)、明日の放送をあてずっぽうで(しかも標準で)予約録画しかけてみたんです。(20:30〜21:30)
放映局もわからない状態だったのですが、神宮球場の試合ということで、フジ系列かテレビ朝日系列だなと予想。さあどっちだ!? テレビガイドをみると、その日の巨人戦がフジ系列にはいっていたのでフジテレビに賭けてみました。胴上げの瞬間は録画されるのか!?

やまさきーーーー!! 平成11年9月26日(日)
すごい、すごすぎますーーー!!
9回表、1点リードで宣が登板するも、阪神のジョンソンに3ランを打たれ、逆転されてしまった。ああ、宣よ、またか(T_T)。リアルタイムで観戦されていたかたは、そんな風に思ったのではないでしょうか(T_T)。
ところが優勝を目指して突き進むチームというのは、ここ一番というところで強さを発揮するんですね(あらためて実感)。その裏ゴメス・立浪が連打。そして
山崎が逆転のサヨナラ3ラン!
この試合で、今シーズンの優勝を確信しました(^^)/。

山崎が打った瞬間ホームランとわかるあたりで、山崎のガッツポーズ!! そしてわたしもガッツポーズ!(笑) あまりに劇的で、ちょっと泣きそうになってしまいました。応援歌どおり、まさに嵐に向かう男!
今シーズンずっと不調だった山崎。しかし優勝を争う重要なここにきて、ようやく調子をあげて、感動を呼ぶ。ナゴヤドーム最終戦を素晴らしい形で終えてくれました。 リーグ制覇をするチームというのは、こういう神がかり的な試合が必ず何試合かありますね。
去年の中日はここ一番での勝負強さが・覇気がなくて、9月のベイスターズとの直接対決でことごとく負け、敗れ去ってしまいましたが、今年はそのくやしさもバネになったようで、去年と違い、ここというところで頼もしさを感じます。

それにしても巨人もなかなかがんばってますな。(いくら戦力が元々あったにせよ)敵ながらあっぱれです。この分だと、なんとか自宅でゆっくりと胴上げシーンを見ることができそうです。(注:結局このあと巨人が3連敗して、その夢はかないませんでしたけど(;_;))

げきむかですわ!! 平成11年9月25日(土)
今日でドラゴンズはマジック6
中日はいまの勢いから考えれば、残り9試合、6勝3敗は固いでしょう。となれば巨人の勝敗に関係なく優勝ですぜ! 何せ9月の底であった時期は、最後の中日×巨人戦だったのですから。
ところで今日は、福岡ダイエーホークス優勝のめでたい日。スポーツニュースは例によって、王監督・ダイエー選手に盛んにON対決をたきつけてました(監督・選手は苦笑してたみたいですね)
ふっ、そうやってたきつけてりゃいいさ。日本シリーズを戦う資格は、まわりの人気で決めるのではなく、実力で勝ち取る物なのである。やりたきゃ挑戦権を実力で勝ち取りなさい。できないんなら、オープン戦で我慢しなさい。ってところ。
すごくいやな書き方しましたが、それだけ頭に来るのですよ。その根底にあるものは、

そんなにドラゴンズが優勝するのがわるいんか!!(怒)

ってところです。まあ、勝つのはドラゴンズですがね(強気)。ドラゴンズがセリーグ優勝をもぎ取って、そんな報道しかしないマスコミなぞ、黙らせてくれましょうぞ!! くそう、こうなったら、ドラゴンズは徹底的に悪役ににまわって、この怒りをパワーにかえて、日本シリーズもいただくぜよ!!(ちと逆恨み気味ですね(汗))

※ ここまでの分は10月8日に載せました。

ふみとどまった! 平成11年9月16日(木)
いやぁ。すごい試合でした。なんとか最悪の事態だけは避けられましたね(^^;。
今日は予想どおり山本とガルベスが先発でしたが、せっかくガルベスいじめ(笑)をしようと思ったら、あっさり斎藤とかえられちゃったのはちと残念(笑)。
長い試合ではありましたが、個人的に一番燃えたのは、5回裏の満塁の時ですな。1死満塁のチャンスで山本昌にかえて、腰痛でスタメン落ちしている立浪選手が代打に! こりゃもうおおあばれしましたよ(^^;。結局は斎藤をひきづりおろすためのものだったようでした(立浪選手が腰痛なのに、バッとふれるのかどうかも謎でしたし)が、やはり燃え上がりますね!こういう選手起用は。
代打の代打神野が力及ばず三振してしまいましたが、2アウト満塁になってからの、関川選手の内野安打! これも燃えましたな。ぼてぼてのセカンドゴロでしたけど、ファーストへヘッドスライディング!そしてセーフ!! これぞ関川!って感じでしたもん(^^)。
<蛇足>とんねるず?そんなくだらんもん放送すんな!やめちまえ!(暴言)最後まで中継しろ!NHKを見習え!(大暴言) 気分を害されたかた、ゴメンナサイ……。(でもすっきりした(^^;;;)

残り試合の展望(希望?(^^;) 平成11年9月16日(木)
今日は毎回のようにヒットがでてたけど、打点の多くは投手自らが上げたものなんですよね(^^;。やっぱりここというところでは、まだいまいち点が取れてないかなぁ、という不安は拭い切れません。
でもわたしの予想したとおり、なんだか上向き加減に(調子も雰囲気も)なりつつあるので、次の横浜3連戦でうまく波に乗れれば、
優勝の二文字がはっきりとみえてくることでしょう!(^^)。

そう、いくらまわりが巨人だなんだとあおろうとも、中日が首位であったことに何らかわりはなかったのである! 今日勝ったのは、ほんとにおおきいぞ! もし負けてたら巨人が0.5ゲーム差に肉薄してたわけで、もう、どうなってたか完全にわからんくなってたですもんね。
近年ドラゴンズナインにみられた、「ここぞ!」というときのひ弱さみたいなものは、今日は全く感じられなかったです。これでもう本物なはず。
巨人はあとがないんで投手陣にだいぶ無理をさせたから、今日のショックもあわせて残り試合は下り坂突入ですな。あとの要チェックは、去年痛い目にあったベイスターズだ!! リベンジだ!! そしてそして、優勝だ!!

またマルチネスかいな(T_T) 平成11年9月15日(水)
野口で勝ちにいって……勝ちをもぎ取れなかった(泣)。
中日はこの3連戦では1勝だけでも許容範囲なわけで(巨人は3連勝が最低条件)、上原との直接対決を避けて野口を今日に持ってき、確実に1勝をもぎ取りにきたんでしょう。でも思惑がはずれてるよ〜(T_T)。
昨日は完敗で、まあ致し方ない面もあったけど、今日はまさに惨敗(T_T)。9回には井上のトンネルで、3点も余計に上げちゃうし。正津は2試合連続でリリーフ失敗したから、ファーム落ちでしょうな。

首位決戦part2に引き続いてまたしても連敗、明日の3戦目はまたしても落とせない試合になってしまいました。明日はたのんまっせ!山本投手!!
巨人はガルベスか。戦術としては、ガルベスを心理的に揺さぶる(切れさす(笑))のと、巨人の敷くハイリスクな守備陣形をいかにつくかにかかってきそうですな。
でも巨人はあとがないとはいえ、無理してますなぁ。おそらくはこの3連戦が好調の頂点で、これからは巨人も下り坂に突入し、中日が優勝ですな?(多分に希望的観測^^;)。

それと別件ですが、例の洗脳報道で勘違い(というか戦況が全然みえてない)しているファンが、BBSとかでえらそなこといってるのは、やっぱ腹立つなぁ。決して巨人ファンの多くがそうではないのはわかってるんだけど、やっぱ腹立ちますぜ。
わたしはアンチではありませんが、気持ちはなんか少し分かったような気がする。

※ 平成11年8月19日(木)(巨人を3タテした日のもの)の分を、都合により今日掲載となりました。よければこちらも読んでみてください。

川上を見殺し(T_T) 平成11年9月14日(火)
上原との投手戦でした。川上がマルチネスに打たれた2ランホームランが決め手になってしまいましたね。前回の上原との対決では、次回対戦時はなんとかなりそうな感じだったんですけど、今は打線が絶不調……。手がかりもつかめんし。
それにしても、ドラゴンズ打線は絶不調ですな。この分じゃエース野口が登板しても勝てない、なんて恐ろしいことがあるかも(苦笑)。
まあいいさ。今絶不調って事は、日本シリーズでは絶好調になるって事なのである!!今好調の巨人も、最後までこの調子では勝てないのである!!(なんてこと言って、優勝できなかったらどうしよう(大汗))

そうそう、いつもスタメンのチャンスがまわってくると必ず自らのけがでチャンスを失っていた神野が、ひさしぶりにいっぱい試合にでてましたね。神野がんばれ〜(^^)。
早いもので今シーズンのテレビ中継は、この3連戦で最後ですか。残り2日間きっちり堪能しとうござりまする。

マジック再点灯!23 平成11年9月1日(水)
巨人・中日どちらも落とせない試合ということで、とっても緊張感に満ちあふれた試合でしたね。
昨日ゼロ封されてなのか固くなっているのか、6回表になってようやくゴメスのタイムリーがでて中日が先制。でもその裏、中3日で登板した野口が松井に逆転2ランを浴びてしまった。でもでもそのあとすぐ福留・久慈の連続タイムリーで再逆転!(福留が自分の前のランナー追い越すちょんぼやって、星野監督がぶちきれたのはないしょ(^^;)

3−2の1点リードとなればあとはお得意の豪華投手リレー!
7回裏、落合が全く危なげのない、すばらしい投球でぴしゃっと抑え、8回裏、サムソンリーが代打石井を内角ストレートでずばっと見逃しの三振に切って取り、9回裏は岩瀬……が高橋を四球で歩かせちゃいましたが、そのあとの宣……もちょっとあぶなかった(^^;(あれ?)。
まあ、終わり(尾張)よければすべていいんじゃい!(^^;;;

3連敗しちゃうとマスコミのあおり報道もあるんで、かなり危険な状態になるところではありましたが、これでまだゆったりと構えていられるわけですな。4ゲーム差ですもん。それにマジックも再点灯したし(^^)。
最後の首位決戦 part3 は、ナゴヤドームで行われるんで地の利もある! さて、いよいよ中日の優勝がみえはじめてきたかな??(^^)/

中日ドラゴンズ1999(No1)へ


ましゅうらんど入口へ