摩周湖・屈斜路湖

はじめに
摩周湖は霧の摩周湖とよく呼ばれていますが、その名のとおり夏は特に(摩周湖・屈斜路湖ともに)霧のかかる日が多く、その姿をなかなか見ることができません。おそらく夏の間にきた方で、6〜7割くらいの方は霧でその姿を見ることができなかったのではと思われます。そこで……

いつ頃見に行くとよいのか?
秋(9月中旬から10月)には霧のかかる日は少ない(あくまで私の経験の上でですが)ので、このころに行くと摩周湖・屈斜路湖のきれいな姿を見ることができることと思います。
また真冬に氷が張ってから見に行くのも、とてもきれいですのでおすすめです結氷した摩周湖を特大サイズで載せました(219KB:1000×690:2003.3撮影))。前に真冬の夜中に見たことがあるのですが、霧もかからず湖面も結氷していて、静かでなかなかいいものでした。
でも誰もいない場所なので、静かすぎて、さむすぎて(氷点下20度近く、冷え込むときにはそれ以上かも?)、長くいると恐怖な場所かもしれません。熊がきてもしりませんよ?(真冬にはこないですって(^^;)。
最近は暖冬のせいでしょうか、結氷することがめっきり少なくなったようですね。

どこから見るのがいいのか(摩周湖)
一般的には第一展望台に行く方が多いと思います(右の写真は第一展望台からのものです)。ここは弟子屈から行くと最初にある展望台で、駐車場のスペースも広く(大型バスが何台も止まっている)、売店などの設備が充実していて、ゆえに観光客も多いです。ここから見る摩周湖はきれいです。
しかしここよりもさらにきれいに摩周湖を見ることができる、第三展望台の方を私はおすすめします。こちらは、駐車場は道路の両側に乗用車が30台程度止められるだけの小さなものしかありませんし、展望台にあるのはトイレだけ(売店などはない)なのですが、第一展望台よりも標高が高く、また摩周湖を見るのには絶好の角度です。写真がなくてどんなものか紹介できず残念ですが、その分見たときの感動も大きいことでしょう。(湖にある小さな岩(カムイシュ島)と背後の山(カムイヌプリ)が、ちょうど正面に見える)

またマイナーなところで、裏摩周展望台もあります。ここへ行くには(おそらく道外の方はご存じないと思いますが)、清里町と中標津町を結ぶ道道(普通観光でこの道路を通ることは皆無と思われます)を通っていかないと行くことができません。ここから見た摩周湖はちょっと?な感じでした(きれいな人を後ろからしか見れずに、ちょっと物足りないような残念な感じ)。でも摩周湖をきれいだと思った方は、一度は反対側から見るのもいいと思います。

場所がよくわからないと言う方のために、スキャナから本物の地図をスキャンしてみましたが、重たい(減色して118kb)ので、むかしつくった摩周湖・屈斜路湖概念図も残しておきます。どちらか参照してみてください。

もっと大きい摩周湖の写真を見たい人はこちらへ(40KBあります)

さらに、もっときれいな摩周湖の写真をごらんになりたい方は、こちらへぜひ行ってみましょう(^^)。
摩周湖−阿寒国立公園の美しき神域− 藤 泰人さん作成のページです。

どこから見るのがいいのか(屈斜路湖)
どこから見るのがいいのかもなにも、実は屈斜路湖については美幌峠からしか見たことがありません。ただおそらくは、ここからのながめが一番よいのではと思われます。展望台の一番高いところ(200mくらいのゆるやかな坂道を歩いて行く)から見ることをおすすめします。
また、津別峠側からも屈斜路湖を展望するところがあると思われるのですが、最近まで(2年くらい?)工事中とかで通行止めでした。そのときには(林道のような)砂利道で、地図を見た限りでは急峻な道だったと思われますが、今は通れるようになっているはずですので、行ってみてはいかがでしょうか。

砂湯・和琴半島
砂湯・和琴半島へ行くと、波打ち際(?)にくることになりますので、近くから湖を見ることができます。夏場はどちらもキャンプをする人でにぎわっています。また、温泉もあります。砂湯は波打ち際の砂を掘るとお湯がにじみ出てくるというような感じです。

おまけ:900草原(きゅうまるまるそうげん)
もともと町営の農業試験場か牧場(なんだったか忘れてしまいました)があったところに、弟子屈町が観光客を誘致するため展望台とかちょっとした設備を作ったところなんですが、四方を草原に囲まれていて乳牛もちらほらといて、北海道にきたぞー!って実感ができる、なかなかの隠れたおすすめ場所です。
弟子屈町から釧路に向けて、南西へちょっとすすんだところにあります。(この看板を目印にどうぞ) こちらで場所を確認してください。

おまけ:馬横断注意,牛横断注意

弟子屈町から鶴居村へ向かう道(900草原へ行くときの道を、さらに鶴居へ向けて進みます)でみることができる道路標識です。

この付近の交通情報
摩周湖第一展望台〜川湯温泉間は、冬季間は閉鎖されているようです。またこの道は、第三展望台から急カーブが多数ありますので、車の運転があまり好きでない方は、弟子屈側から行った方がいいでしょう。
道東・道北方面をドライブするのは初めての方はガソリンの補給をしそこねないように気をつけましょう。

ましゅうらんど入口へ