第1話 曇りのちみかげ

(以下「青色:ともみちゃん」「赤色:みかげちゃん」です)

さあ、記念すべき第一話ね。
みかげったら!あんた第一話から、もうこんなことしてたの?
へっへ〜!でもそういうともみこそ、野田とこんなことしちゃって楽しそうじゃない。ちゃんと情報はいってるのよ!
こ、これは野田君が勝手にわたしのジュース飲んじゃっただけよ!
それよりさぁ、あの時テレパシーガードしてなんか変だなと思ってたら、先輩がイギリスへ留学すること隠してたのね。
ごめんね。
ううん。いいの。あの時せっかく先輩が留学の話を切り出そうとしてたのに、逃げちゃって。こっちこそごめんね。でもだいじょうぶだって、思おうと頑張ったわ。
先輩に懐中時計もらってたし、何か少し安心したよ。


はじめてみたときには、よくわからなかったまま終わってしまいました。ただ、せりふが少ないけど、バックに流れる音楽はきれいだなぁくらいしか。今見るとよくわかるのですが。でも今見ると、やっぱり作画荒いなぁと思う。あの時はそんなに思わなかったけど。
影浦先生が結婚するのですが、この先生が結婚してこんなきれいな嫁さんもらってたなんて、あとの方になってある程度わかってから、ほんとかよ!とか思いました。
あと、いきなり先輩の前でテレポートしたので、予想外の展開にびっくり!だって、ふたごのあいだの二人だけの秘密だと思ってたのに、第1話でこれだもの。
ともかく第1話はなんの知識もなしで見ると、よくわからないです。またそれではまるのだ。
(最後に)ともみちゃんってやっぱりさるだ。


第2話 雨ときどきハイジャック
目次へもどる