第2話 雨ときどきハイジャック

おそかったじゃない、みかげ。先輩がイギリスへ旅立つ大事なときに。もう間に合わないかと思ってみんな心配してたんだから!
ごめんごめん。
まぁ、徹夜して書いてた手紙を渡すんだもんね。
そう、それなのよ〜!なんであの手紙がハイジャックの声明文とすり替わってるの〜?もう恥ずかしくて死にそうだったわ。先輩だけに読んでもらいたかったのに!!
先輩の乗った飛行機がハイジャックされるなんてことだけでもショックだったのにね。ハイジャックされたのわかったときから、しばらくみかげ呆然としてたわよ。
でも先輩の無事をこの目で確かめることができて、なんか安心したな。


この回はやっぱり機長が声明文を読む場面でしょう。見ているこっちがどきどきしてしまった。
突然飛行機にテレポートしてきたみかげちゃんに、「いつも君には驚かされるな。」なんて、倉茂先輩かっこよすぎ〜。なんでそんなに優しいの?ってところですね。
そういえば、先輩の乗った飛行機を屋上から見送ってるとき、みかげちゃん泣いてるのかと思ったら、居眠りしてたのね。あと、結局倉茂先輩の返事はどうなったの?はっきりしてよ!>倉茂先輩。
最後に自分の家にテレポートして、窓から飛びだしたときに、なんでフラスコとかつかんでるの?(いくら窓にあったからって……)とかつっこみたくなる。


第3話 風向きはロンドン
目次へもどる