第12話 ともみの胸のつむじ風

へっへー。
なっ、なによー。その含み笑いやめてよ。
いやーこの時のともみは、ある意味すごかったんだもん。もう縁切っちゃおうかなとか思ったね。
そ、それ冗談だよね?
へっへー。

はじまりは金沢さんからのライブのお誘いだったなぁ。ライブに行ったことないって言ったら、誘いに熱が入っちゃったみたいでちょっと困っちゃったんだよね。
それでわたしを道連れにしようと……
テレパシーでお誘いしたわけなんですよ!
実験中に話しかけられると困るんだな。みかげさんのかんしゃく玉も、爆発なんですよ。
爆発したのは怒りだけじゃなかったみたいだけどね。
だからあれはともみのせいでしょ!
まあそれはいつものことだからいいとして、
いつものこととは失礼な!
ま、まあまあ。(これじゃ話が進まないよ……)
(……ったく、しょうがないなぁ)

そ、それでね! 待ち合わせ時の金沢さん。全然雰囲気が違って化粧までしてて、びっくりしちゃった! そのあとも会場に行くまではなんだか異様な雰囲気に、おっかなびっくりだったよ。
そんな調子だったみたいなのに、ピック取ってからこう、なにかがはじまったってわけか。
ライブが終わったあとツカサさんに「おもしろかったろ?」「またこいよ?」って話しかけられちゃってさ。
あの日からだったんだ。確かにいい顔してるよ、うん。で、次の日にはこれだ!

わ、わーーー! いつ撮ったのよ?これ?
ふふっ? ちょっとねー。
それにしてもあのころのみかげのつれない態度はなんだったの?
だ・か・ら! あまりの豹変ぶりに縁切ろうとしたんだって!(にこっ)

あのあと金沢さんからツカサさんの写真もらっちゃって、もう最高だったんだ。授業中もツカサさんの写真ばっかり見てたもん。
こっちはもう最低! 浮かれたともみの気持ちは流れ込んで来るし、かかなくていい恥もかいちゃったし。おまけにその写真がテレポートしてきて、ちんぷんかんぷん。
影浦先生に見つかりそうになったあと、写真がなくなっててびっくりしたよ。みかげのところにテレポートしててラッキーでした。感謝感謝。
その代償がこれとはね。

ついにともみが Version3に進化! 金沢さんは学校では地味な格好だったのに、ともみは感化されやすいお年頃だったんですねぇ。
んもう。そのいい方やめてよー。でも確かに、今度は金沢さんがびっくりしてたみたいだったしなぁ。
野田は平静を装いつつも、ともみの変化が気になってたみたいな気もしたけど。
そういわれてみるとそうだった気もしないでもなかったかな? 野田くんなーんかうわのそらって感じだったし。
まあその、確かにうわのそらで浮かれてたわけなんだけど、ツカサさんが目の前にいたのに気がつかなかったときに、なんていうかさ、気ついたんだ。
なにに?
な・い・しょ!

ライブはまた行ったんだけど、野田くんはわたしの心の変化に気づいてくれたみたいでうれしかったな。
ともみ、version1にもどる。
だからもうそのいい方やめなさいって言ってるでしょ!!
無理やりライブに連れて行かれたうらみは、未来永劫続くんだから!


この回は、ともみちゃんがヤンキー化して行くのかと思って、どうなることやらと思いましたよ。Version3なんか、なんか妙な感じになっちゃってるし(^^;。野田くんなんかともみちゃんにあいさつすらしてもらえなくなって、眼中にいなくなっちゃってるし。
だいぶ後になってから、このおばさん役に松本明子さんが声をあてていたことを知りまして、「松村くんはデブだからあげないわよ!」のセリフがあって笑いました。
スタッフロールを見ていると、なんだか今ではわりと名のとおった人がいたりでちょっとびっくりでした。  「ピックをおまもりにしてるんだから」

ちょっとこわいよ。ともみちゃん。
ちょっとこわいよ。みかげちゃん。


第13話 謎の移動性恋気圧
目次へもどる