第13話 謎の移動性恋気圧

これは忘れようにも絶対忘れられない! みかげが野田くんのこと好きだったなんて、思いもしなかったもん。
なんで野田とデートしてる夢なんか見るかなー。あんな夢見ちゃうから、心と体が入れ替わったんだよ。全部野田のせいね。
なんでそこで野田くんのせいになるの!

朝起きたらいきなり髪が短くなってるのって、すっごいショックだったなぁ。もう倉茂先輩にも会えないって思っちゃったし。
わたしはそんなの全然気づかなかったよ。あとで聞いたんだけど、クラスの噂になってたみたいで。まあみかげの髪型して教室にいたらそりゃそうか。トイレに行ってから髪が長くなってるのに気がついたよ。
もう、気づくの遅すぎ! こっちはショックで立ちなおれないほどだったのに。それなのにともみが「とにかく学校にこい!」って言うもんだから、学校にきてみれば、
こうなっていたわけだったんだよね。
どうりで動きが鈍かったわけだ。
そんな格好で学校中うろついて。
って知らなかったんだからしょうがないじゃない!
(……まあ、おたがいさまか)
(いまさら怒ることでもないしね……)

あのままじゃどう考えてもわたしたちが入れ替わってると思われるから、おたがい入れ替わることにしたわけだけど、やっぱり自分のセンスに合わない服を着るのって落ち着かないもんだね。
だからそれはおたがいさまでしょ。それよりなんでわたしが野田のことみてどきどきしなきゃなんないの? そんなことがあったもんだから、また野田の夢見ちゃったじゃない。でもなんか、さ。(……なんか……)
(……) 正直2回目の夢が一番許せなかったな! なんだかんだ言って開き直ってるし。野田くんがみかげに取られちゃうって思ったんだから!
ふん! 野田なんか、こっちから願い下げよ!
なんですってー!!

(しばらくお待ちください)

……。しかもよりによってこんな時に野田くんとデートの約束しちゃってたんだけど、みかげがさっさと準備しないもんだから遅刻しそうになるし……。
野田なんだもん。ちょっとくらい待たせるくらいでちょうどいいの!
結局またテレポートでとばすことになっちゃったんだけど、最初静電気みたいのが流れてびっくりしたね。今にして思えばあれが、わたしの心だけが木の上にテレポートしちゃう前兆だったんだ。
野田とのデートが終わって家にもどったら、ともみがいなくていつまでも帰ってこないから、ママも心配してたんだよ。
みかげと野田くんのことがあまりにも気になったから、ああなっちゃったのかなぁ?
よくわかんないけど、多分そんなとこなんだろうね。

そうそう、デートの方はどうだったの?
目の前に「ともみ」がいるのにちっとも楽しそうな顔しないし、話しかけてもともみの姿してるのにみかげって呼ぶし。それと「みかげも来る」っていったら、野田が妙にうれしそうな顔したのをおぼえてるよ。なんとなしに気がついてたのかな?
そうだったのかなぁ。気がついててくれてたんだとしたら、やっぱりうれしいな。
と・こ・ろ・で? 結局野田くんのことはどうなのよ!?

な!? まだそんなこと考えてたの? あ、あんなやつのこと、なんとも思ってないわよ!!


いろんなアニメやドラマなんかでよくある、心と体の入れ替わりねたです。いろいろと見どころがあって、おすすめの回かな。みかげちゃんは髪の毛がばっさりなくなっててショックを受けていたのに、ともみちゃんは学校についてもしばらく気がつかなかったりとかは、ふたりの性格の違いをうまく表現していたと思います。
学校の食堂にて 野田くんはこの時点で早くもふたりの微妙な変化に気がついたみたいでしたね。さすがともみちゃんをいつもみているだけのことはあります。山岸くんはいろんな子をみてるせいか、気がついてないし(笑)。そしてデートの日の翌日、あいさつのやりとりの変化(ともみみかげ)だけでふたりの違い(元に戻ったこと)に気がつくわけだから、すばらしい。
第33話(仲良くロストラブ?!)では意図的にふたりが入れ替わってますが、この時も野田くん・倉茂先輩にはばれてました。

ともみちゃんのブレスレットが部屋に残ってて、それを持ったときからの描写がうまかったですね。ともみちゃんが、テレポートしたときに心だけ一緒についてきたって感じのです。あのあたりからほとんどセリフがないわけですが、それがなくても心情が伝わるというか、そんな感じ。今までもこういったシーンはたくさんありましたが、このへんをふたりの回想形式で書くのは、やはりわたしには無理なのでありました(汗)。
こういう描写が最初の監督の時に多用されてたため、前半部のみ支持する人が多いんでしょうな。またああいった描写は、ある程度見る人の精神面での成長がないと楽しめないでしょうし。

ともみちゃん就寝中 みかげちゃん就寝中 (ふたりともちょっと寝苦しそう)


第14話 マメ台風接近中!
目次へもどる