CDの感想や関連物などいろいろ

「この先何がおこっても、後悔しないように……」(第41話より)ということで、いろいろ買いました。(むかし他の番組で後悔したから……)

CD
「オールスターソングコレクション」「BEST OF BEST」を購入しました。 (曲目一覧へ)このほかにも梶谷美由紀さんのCDとかも買いました。
エンディングについて
初代EDの「純心」は一回目の放映の終わりにはじめて聴いたとき、なんと言ったらいいのか、強く引きつけられるものがありました。いい曲で、放映後テープを巻き戻して何度も聴いてました。また、曲といっしょに流れている絵も、うたにあっていて芽美ちゃんが思い詰めたような感じで、まだ2話しか放映されてなかったのに、芽美ちゃんの(これからあるであろう)切ない思いが伝わってくるかのようでした。井上昌己さんのミニアルバム「sweet2」に別バージョンのもの(こちらが原曲らしいですが)が収録されています。(こちらを買ったので、セイントテールバージョンは「BEST OF BEST」まで待つことに。)
三代目ED「夢見るメロディー」もいい曲でした。最終回に向けてのイメージにぴったりという感じで。残念なことには残り5話でしか放映されなかったことです(ゆえに隠れた名曲に)。この曲を聴いてシングル→アルバムと買っていき、梶谷美由紀さんのファンになってしまいました(笑)。でもほんとにいいんだよ。詳しくはポリグラムさんのページへどうぞ。
そのほかの曲
「『恋』みたいな感じ」は、なんかいつもの明るい芽美ちゃんが、カラオケでもしに行ったときにうたっているみたいでいい感じです。
「E夢、見よう!」はサターン版ゲームのOPにも使われていました。これのシングルが発売されたときに、いっしょに入っていたのが「恋」で、本編でもBGMとして使われていました。むかし智のしっぽさんの掲示板で、よくこの曲がいいという話になってたんですが、「BEST OF BEST」が発売されるまでどんな曲なのか知りませんでした。やはりいい曲ですね。この曲を聴いていると、芽美ちゃんの切ない思いが伝わってくるかのようです。
CMで流れていた「あ〜おい〜月明かりの〜♪きゅ〜♪」というのを聞いて、パッケージ(原作風)を見ておもわず買ってしまったのが「オールスターソングコレクション」です。全体的に明るく楽しく、そしてそれぞれのキャラクターのイメージ(心情)にあった作詞になっていて、聴いてておもしろくてよかったです。パッケージが立川先生のデザインなので、原作のイメージアルバムみたいな感じです。セイント・テールにはまった人は、買って損はないでしょう。
「恋のティア・ブレンド」はいっつもけんかしている芽美ちゃんとアスカJr.そのまんまでおもしろいし、「真夏の夜のショータイム」もなかなか楽しかった。でも予想外だったのは「Noiseな二人」です。個人的にお気に入りです。涼子ちゃんと恭子ちゃんはもってるし、恭子ちゃんのこえかわいすぎます。破壊力大きいです。これ聴いたとき壊れました(自爆)。今度岩男潤子さん(恭子ちゃんの声優さん)のアルバム買ってみようかな。
今から買うのであればやはり「BEST OF BEST」が一番無難なところでしょうか。

カレンダー
これは買っておかないと後悔するぞと思い、一念発起(笑)して買いました。でも、うーん満足度70%かな。5・6月と9・10月がいいですね。放映終了後に発売したので、入荷したところでは結構売れ残っているようでした(泣)。買わなかったらきっと今頃おもいっきり後悔してたに違いない。

UFOキャッチャーのぬいぐるみ
人気がなかったのか、知られてないのか、結構長い期間ありました。んで、週末によく行き何とか主要キャラの分だけはゲットしました。
この時から一時期UFOキャッチャーにはまり、その後セイント・テール関連でないものにも挑戦し、多大なるお金と時間が失われていきました(苦笑)。

スクリーンセーバー
これもどんなものかと思い買ってみました。買った時期が遅かったので、2,500円くらいで手に入りました。本誌掲載時に載っていたと思われるカラー原稿をスキャンしたものが流れるだけという、最近でているほかのスクリーンセーバーと比べると物足りない内容なのが残念です。

ゲーム
セイントテール関連最後のものとなってしまったサターン用ゲーム。ゲームの開発に失敗したらしく、一時は発売中止かと思われていました(実際そんな感じだった)が、何とか発売されました。
ゲーム的にはク○ゲーに分類されます(笑)。いまだ2回しかやっておりませんので、感想はひととおりやり終えたあととさせていただきます。ところでこのゲームいったい何枚くらい売れたのでしょうか。1万枚売れたのか?
あとパソコンを持っている人は、ゲーム内の画像をパソコンに取り込むソフトもあるので、やってみましょう。

あとこれだけはほしい!
テレビ放映終了時に公式ファンブックなるものが発売され、このあと原作完結後に当然集大成であるアニメアルバムが発売されると思っていたのですが、テレビ放映終了後1年以上経ってから発売しました。結構待たされた感があります。

なかよしメディアブックス49
 怪盗セイント・テール(講談社より)2,200円(税別)

内容を充実させるあまり発売が遅くなったのかどうか、わかりませんが、発売時期を逸している感は否めず、売っている本屋が少なくて手に入れるのに結構苦労しました。2,200円という値段のわりにはちょっとボリュームが少ないかなと思いますが、中身は結構充実していると思います。
実はまだぱらっとしか見ていないので、詳しく書けないのがつらいところ。手に入れそこなった人は、もう注文するしかないでしょう。勇気を出して(笑)。

このほかにもいろいろと発売されておりました。もう売ってないものもあると思いますが。(詳しく他のセイント・テールなページへどうぞ)


曲目一覧

オールスターソングコレクション

プロローグ
ポニーテールをほどいたら
空からの贈り物
一本気
天使に耳打ち
0から始まる未来
お砂糖菓子じゃない
8時10分〜世界が待ってる〜
Noiseな二人
恋のティア・ブレンド
真夏の夜のショータイム

 
羽丘芽美
深森聖良
アスカJr.
セイント・テール&聖良
高宮リナ
深森聖良
佐渡真人
涼子&恭子
芽美&アスカJr.
セイント・テールwithルビィ

BEST OF BEST

メインテーマ(オーケストラVasion)
時を越えて(初代OP)
純心(初代ED)
「恋」みたいな感じ
お砂糖菓子じゃない
明日になれば
Up Side Down〜永遠の環〜
 (二代目ED)
E夢、見よう!
イッツ ショータイム!!
夢見るメロディー(三代目ED)

ポニーテールをほどいたら
変身
天使に耳打ち
「怪盗セイントテール」のテーマ
 
松雪泰子
井上昌己
羽丘芽美
深森聖良
羽丘芽美
井上昌己
 
芽美&聖良
 
梶谷美由紀
芽美&聖良
羽丘芽美
 
セイント・テール&聖良
 

このほかにも、オリジナルサウンドトラック1・2などがあります。(詳しくはポリグラム、もしくは他のセイント・テールなページへどうぞ)

目次にもどる