Visiting card plane   名刺飛行機


名刺1枚で(55 x 91 mm)作る紙飛行機のページ( ウキウキ名刺ヒコーキ横丁 )に刺激されて、私も作ってみました。これだけ小さいとレイノルズ数も違い、普通サイズの紙飛行機をただ縮小しただけでは安定性や、揚抗比が悪くなり必ずしも良く飛びません。反面、工学的には強度に余裕が出るので、より自由な形が作れます。大きさが1/2になると、紙の厚さが同じ場合、翼の付け根の強度は1/2になりますが、同じ速度で飛ぶ場合ここにかかる曲げモーメントは約1/8になります。そのため、細長い翼など、より自由な形の飛行機が作れます。しかし、小さいのであまり複雑な構造は難しくなります。 

Seagull 1   Dragonfly   Bat 


 

Seagull 1 カモメ1号

海鳥は海上を長距離飛ぶ必要があるため、空力的にはアスペクト比が大きい揚抗比の良い翼を持っています。逆3字形の翼は、無尾翼機としての働きもあり、安定して飛びます。

カモメ1号の設計図(gifファイル)       8機セット(pdf ファイル)
 Drawing of Seagull1(gif file)        set of 8 (pdf file)

For visiting card (name card) size, please print gif file at 200dpi.

Seagull 1 の作り方

設計図をダウンロードして、ケント紙に印刷します。gifファイルは200dpiで印刷すると名刺サイズになりますので、ペイントソフトの画像解像度を200dpiとして印刷の倍率設定を100%としてください。A4サイズなどの大きい紙に一枚だけ印刷すると紙の真ん中に印刷されて余白が無駄なので、用紙設定を小さく(名刺サイズ+余白マージン)するか、8枚ぐらいならべてA4サイズにすると良いとおもいます。pdfファイルのほうは、横に2枚ならべて、A4の幅に合わせました。
太い線に沿って切り抜きます。胴体はあらかじめそれぞれの折り目(点線が山折り、一点鎖線が谷折り)を正確に定規でつけておきます。胴体の前部のみ貼りあわせ、翼より後はV字型にしておきます。尾部は45度ぐらいになるようにひろげ、垂直尾翼と水平尾翼の働きを兼ねさせます。主翼は10度ぐらいの上反角を付け、翼の外側の後を少し上にねじります。紙の重さだけで重心は合うように設計しています。
 
 

Dragonfly   トンボ

トンボは何億年も前から現在とあまり変わらない姿で飛んでいたそうです。飛ぶために適した究極の形はこれ以上あまり進化する必要がないのかもしれません。空力的にも効率の良い形で、紙飛行機になっても良く飛びます。


 

トンボの設計図(gifファイル)      8機セット(pdf ファイル)
Drawing of Dragonfly(gif file)    set of 8 (pdf file)



Dragonfly の作り方

設計図をダウンロードして、ケント紙に印刷します。200dpiで印刷すると名刺サイズになりますので、ペイントソフトなどの画像解像度を200dpiとしてください。A4サイズなどの大きい紙に一枚だけ印刷すると紙の真ん中に印刷されて余白が無駄なので、用紙設定を小さく(名刺サイズ+余白マージン)するか、8枚ぐらいならべてA4サイズにすると良いと思います。pdfファイルのほうは、横に2枚ならべて、A4の幅に合わせました。
太い線に沿って切り抜きます。胴体はあらかじめそれぞれの折り目(点線が山折り、一点鎖線が谷折り)を正確に定規でつけておきます。胴体の前部は内側に折り込み、長方形の部品(バランスウェイトと機首カバー兼用)を機首をおおうように貼る。前翼は15度ぐらいの上反角を付け、後翼(ロゴが印刷してあるのが後翼です)は、前翼と前後の向きを変えて、上から見るとX字型にします。後翼は上反角を付けず、水平のままとします。紙の重さだけで重心は合うように設計しています。
 


Bat   コウモリ

鳥と昆虫と続いたらやはりほ乳類で空を飛ぶ代表コウモリが参加しないわけにはいきません。コウモリは現在地球に生存するほ乳類4000種のうち1000種を数え種数ではとても繁栄しているグループで、日本でも陸上のほ乳類約100種のうち33種がコウモリ類とのことです。翼の外側に5つのかどがありますが、それぞれ5本の指に相当します。紙飛行機としては、前進翼で無尾翼(無水平尾翼)と野心作?ですが安定して良く飛びます。

bat


  コウモリの設計図 8枚セット (pdf ファイル)
Drawing of Bat  set of 8 (pdf file)
 



Bat  の作り方

設計図をダウンロードして、ケント紙に印刷します。横に2枚ならべて、A4の幅に合わせました。
太い線に沿って切り抜きます。胴体はあらかじめそれぞれの折り目(点線が山折り、一点鎖線が谷折り)を正確に定規でつけておきます。胴体の前部は内側に折り込み、長方形の部品(バランスウェイトと機首カバー兼用)を機首をおおうように貼ります。翼は15度ぐらいの上反角を付け、翼の外側の後縁をわずかに下にねじります(外側の迎え角をわずかに大きくします)。紙の重さだけで重心は合うように設計しています。
 
 

Home