トップページ

水無月慧子の万華鏡ギャラリー and 万華鏡掌編小説集 シーズン2

プロバイダーさんから借りてるアクセスカウンター

小さい写真をクリックしていただくと、大きい写真に切り替わります。
また、写真下のタイトルが青くなっていると、写真をイメージした読み切り掌編小説がある印ですので、クリックしてお読みいただけます。
掌編小説は不定期に増やしていきますので、ときどき覗いてみてくださいませ。

花神(かしん)
『花神(かしん)』
花の妖精が踊る。深夜の花神の舞いを、彼女は見ただろうか。

誕生
『誕生』
光に包まれて生まれてきた日のこと。

刺繍
『刺繍(ししゅう)』
百万色の糸で描かかれた不思議な絵……。

天窓
『天窓』
きらきらと輝く天窓を見上げ、彼は何を考えていたのか。

青い花
『青い花』
この花の名前を知っているひとは、いませんか?

ブローチ
『ブローチ』
初めての月給で買ったブローチ。どこか、惹かれるところがあって……。

空中撮影
『空中撮影』
あそこに見えるのは噴火口。あの山はいつできたのか。

切り絵
『切り絵』
白と黒のランデブー。

せっかくなので掲示板に一言コメントを書いていく

(どの作品をお読みになったか書いていってね〜)

©2008-2012 CAFE MOONSTONE. All rights reserved