トップページ

プロフィール

moonstoneって?

moonstoneとは、月長石(げっちょうせき)のこと。お守りとしての力があるそうです。

ブルームーンストーン ←写真を載せてみましたが、実際の色合いとは違うふうに撮れてしまいました。やっぱりケータイのカメラだと限界があるのでしょうか。←他人のせいにしている。
えー、実物の大きさはこれの二分の一くらい。問題の色なんですが、実物は薄めすぎたカルピスのような、透きとおった乳白色。そして、このmoonstoneは、bluemoonstoneという種類で、光にかざすと薄青い光が射します。写真のは、どちらかというとピンク系に見えるので心外です。←でも自分で何枚も写した結果がこれ。
せっかく写真を載せても全然違う説明文を書いていたら、なんための写真なのかわかりませんな。

水無月慧子に迫る

水無月慧子のこと
関係 moonstone(ムーン・ストーン)は6月の誕生石。水無月も6月生まれなので、お守り代わりにしています。
筆名について 水無月慧子(みなづき・けいこ)。
この筆名で、たま〜に小説などを発表しています。琉球処分と呼ばれた沖縄の明治維新期を舞台にした沖縄とヤマトの葛藤を描いた作品をライフワーク としています。
おもな小説作品に「出航前夜祭」(第14回新沖縄文学賞佳作受賞)、「鬼餅寒(ムーチービーサ)が駆け ぬける」(沖縄タイムス紙朝刊連載)、脚本に「光の島・大東島開拓史〜玉置半右衛門ものがたり〜」(沖縄テレビ放送)など、エッセイに「合成写真」(オール讀物掲載)など。著書に創作短編集『海の階調〜水無月慧子「琉球処分三部作」〜』(沖縄タイムス社)があります。このサイトでは、SFファンタジー系の作品にも挑戦しています。
在住都道府県 北海道
年齢人生50年の時代なら、「お前はもう死んでいる」というところ。
趣味 俳句(鑑賞します。つくります。ヘタです)、相撲観戦(元関脇水戸泉のファンだったのだが、彼が引 退し、錦戸親方になってからは、とくにひいきの力士はいない)、遠方の友人たちとの直筆お手紙交換。マスキングテープを使った小物づくり(出来たものを友人などに無理矢理プレゼントして周囲の人々を困らせている。←ってことを認識しているので、確信犯的ですね)。

水無月慧子のこだわり


©2008-2015 CAFE MOONSTONE. All rights reserved